ブログ

児童相談所がなくなる?  都構想法定協議会

法定5

都構想の法定協議会。大都市局が提案した都と区の仕分けについて、実務的な質問の日でした。

はっきりしたのは、児童相談所など、市民にとってなくてはならないものを「身近だから区が担う」と決めたとしても、区に設置義務がない以上、なくなる可能性があること。などなど、市民にとってマイナスにしかならないということです。

都構想言い出しっぺの橋下市長は30分居眠りしていたという情報あり。いったい何なんでしょう?

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。