ブログ

これでも幼稚園民営化?    区長申し入れ

29日、公立幼稚園民営化問題で、城東区選出の公明・自民の市会議員と一緒に区長への申し入れを行いました。

①この間の関係者協議会では2園とも公立としての存続を求める声が圧倒的

②片や、知的障害児生活施設の子の受け入れ、片や、地域の老人憩いの家との合築、          と、2園とも民営化できない事情がある、

といった観点から、どちらも民営化はノーで頑張ってほしい旨を伝えました。

あらためて痛感したことは、市政の異常さ。市民が何と言おうが、議会が付帯決議をあげ陳情を採択しようが、何が何でも民営化の方針を、区長を盾にゴリ押ししようとする市長。市長の言いなりで子どもの幸せなど眼中にないこども青少年局。区民・当事者の声を直接聞きながらも、「民営化は無理」と言うことは許されない区役所・区長。暑い中、3回も区役所に足を運んで子どもにとって何が大切かを話し合って下さった方たちの声がまったく届かないのでしょうか。人を馬鹿にするのもいい加減にしてほしい。
こんな卑怯なやり方の盾にされても、公募の区長さんたちはこの「改革」についていくのでしょうか。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。