その他のページ

唐突なお別れ、どうか安らかに

 29日、元同僚議員をお見送りしました。
 めいっぱい活動していて、16日の夜、突然倒れられ、意識が戻らぬまま、26日に還らぬ人に。余りにも早い別れで信じられませんが、一番びっくりしているのはご本人かもしれません。言い残したことがあるのか、あるとすれば何なのか、それすらわからない唐突なお別れ。

 議会の傍聴や議員団が議会ごとに開く勉強会には欠かさず来られるのに、毎年の新・旧議員の懇親会は、「私はまだОBじゃない。返り咲くまで参加しない」と、落選して以来、一度もお出でになりませんでした。先月、後継者も決まり、来年こそは名実ともにОBとして来ていただけるかな、と思っていたのに

 彼女の頑張りを聞くにつけ、彼女のようには頑張れない自分を恥じつつ、どうか肩の荷をおろして安らかに、と願うばかりです。