ブログ

議論に値しない紙の束    特構想協定書上程

協定書2  10月1日の本会議で、大阪市を廃止し、バラバラにする設計図「特別区設置協定書」がいよいよ正式に、市会に提出されました。

 私の所属する財政総務委員会に付託。付託された財政総務委員会は9・10日の委員会で審議し、それ以外の5常任委員会も10日に協議会を開催して審議することになりました。

 たくさんの別表を含めて700ページの紙の束。違法・脱法を積み重ね、「維新の会」のみの法定協議会ででっち上げたもの。議会では無効決議が採択されています。議論に値しない、というのが、私たち日本共産党市会議員団の基本的な立場です。

 あくまで「協定書」の撤回と、正常な法定協議会での議論の再開を求めつつ、せっかくの議論のチャンスです。都構想のひどさを一層明らかにし、都構想ストップの大きな流れをつくるため、全力を尽くそう。

 

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。