ブログ

語り広げよう!「手法も中身もデタラメな都構想」

 都構想をめぐって、ここ数日の急な展開。

 明日12月30日、11か月ぶりに法定協議会が開かれることになりました。

 今回は、これまでとちがって違法でも脱法でもありません。

 でも後ろ暗すぎる。違法でさえなければ何をやってもよいのか、と言いたいのです。

 議会が協定書を否決した以上、とるべき道は、都構想の断念、または、新たな案で一から議論、しかないはずです。それなのに、

 聞こえてくるのは、国政レベルの圧力、住民投票の日程まで決めたという密室協議、否決された協定書をよみがえらせる厚顔ぶり、市民そっちのけの権力争い。

 どんなに説明を受けても、納得はできません。こんなやり方で、市民をがけっぷちに追い込むなんて・・・

 決着は、住民投票ということは、ほぼ確定的なようです。

 「信じられない」「許せない」という怒りをエネルギーに変えて、語り広げねば。

   「手法も中身もデタラメな都構想」

   「市民にとって百害あって一利なし」

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。