ブログ

命、くらし守る人々とともに    社保協宣伝・大阪福祉事業財団互礼会

区役所前1KIMG1445 5日は区役所の仕事始め。

 城東区社会保障推進協議会が行う月始めの区役所前宣伝に参加しました。

 私はほとんど参加できませんが、毎月毎月続けておられます。例年は、1月はお休みするそうですが、今年は、都構想をめぐって風雲急を告げるなかでもあり、実施のはこびとなりました。年金者組合の支部長さんが「こたつでお餅を食べている場合ではありません」とハンドマイクで訴えたのには吹き出してしまいました。ほんとにそうです。

 各団体から多くのかたが参加し、それぞれの立場で「社会保障の拡充を」などの訴え。区役所前3

 都構想ストップの手づくりポスターが嬉しい。こういうものを、どんどんつくってアピールをしていかなくては。

 私も、都構想を住民投票で葬り、市民のいのち、くらしを大事にする市政への転換を! と訴えさせていただきました。

 

財団互礼会 

 

 街頭向けの厚着をパッパと着替えて、以前の職場である社会福祉法人大阪福祉事業財団の互礼会に出席。

 会場に入るなり、素敵な着物姿の女性が。なんといつも元気なBさん。15年勤続表彰を受けられるため、おめかしされたそうです。福祉労働者としての15年は、いろいろなことがあったでしょう。乗り越え乗り越え、15年勤続の皆さんに、心から敬意を申し上げます。

 法人旗に刻まれた「守ろう! 平和と福祉」の文字。戦後、営々と築いてきた平和や福祉は大切なもの、という価値観が、力任せに壊されようとしている時です。福祉労働者と議員、立場は違っても、未来にかかわる闘いをしている仲間同士です。そんな思いでご挨拶させていただきました。

 どこに行っても、都構想をめぐる年末からの出来事についての質問を受けます。中身もやり方も、どれだけひどいものであるか、しっかり伝えていかなくては。それも大急ぎで。

 

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。