ブログ

「動物園はその都市の文化のものさし」   

鴫野 13日の朝宣は鴫野駅。

 眼科に行く時間がとれず、目薬を切らしているせいか(目薬を注しても、朝宣の時はひどいのですが)、いつも以上の涙。これ、ホントに何とかならないか、大きな悩みです。片手にマイク、片手にハンカチで、常に涙を(時に鼻水も)拭きつづける1時間。ホントに何とかしたいものです。

 市役所に行く途中、そうそう明日はバレンタインデーだと思いだし、とりわけお世話になっているあの人、この人に、気持ちばかりのチョコを仕入れてみました(フライングバレンタインデーというそうです)。有権者ではありませんし、ゴディバでもありません、念のため。

 本会議をはじめいくつもの会議、合間の予算のヒアリングとともに、市政報告の原稿づくりを何としても夕方までに、が、今日のミッション。雑居の控え室で集中を勝ち取るために、ウォークマンを大音量にしてすべての会話を遮断。話しかけられても気づかずに、数人の方にご迷惑をかけました。が、その甲斐あってミッション達成! やる気になればやれる子です。

 夜は中央公会堂で、日本共産党の演説会が開かれました。中之島

 スピーチに立ってくださった市立天王寺動物園の中川元園長が、「動物園はその都市の文化のものさし」と、何でもかんでも、合理化、効率化、民営化、収益化という橋下市政に警鐘を鳴らされました。大阪市を愛し、大阪市と動物園の発展に尽くしてこられた方の、橋下市政や「大阪市廃止・分割」への、言いようのない憤りが伝わり、もっともっとお聞きしたかったです。

 厳しい選挙ですが、5月の「大阪市廃止・分割」の住民投票を前にした時期。そして、安倍首相が憲法もくらしも壊そうとしている時期。日本共産党の城東区の議席を失うわけには絶対にいかない。何としても勝利を、という思いで参加し、紹介にこたえ、会場の皆さんに大きく手をふりました。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。