ブログ

話さなければわからない  嬉しい出会い

KIMG2199 11日、夕方の今福鶴見駅で「日刊ビラ」を配布中、すてきな青年に会いました。

 信号待ちをしながら、宣伝隊とビラに交互に見入っているので勇気を出して声をかけました。橋下さんが好きだという30歳。「橋下さんは好きでもいいけど、選挙はちょっと考えてほしい」と言ってみたら、とっても話がはずみました。たくさんたくさん話をしましたが、一番驚いたのは

 「共産党には立ててほしかった。自民党と政策は違うはず」と仰るので「違うところ、たくさんある。でも、大阪市を営利企業みたいにして儲け儲けという維新とは、柳本さんは違う。儲からなくても市民の命・くらしを守る地方自治体を取り戻して、その自治体の運営をどうするのかのケンカをする。ちゃんと議論ができる柳本市長に『その政策は違うでしょ』って詰め寄るのが私の夢」という主旨のことを話したら、「何もかも一緒にやっていくんじゃないんですか⁈」ととっても驚いて「安心した」と言ってくれたこと。

 こういう誤解はまだあるのでしょう。たくさんの人と話さなければ。

 最後には「考える」と言ってくれた30歳さん。写真を撮ろうと言ってくれたので、本人さんの許可を得て、嬉しい出会いをアップ。また会えるといいな、と思う出会いでした。

KIMG2193 今日は、柳本あきら市長候補が、鶴見区のイオン前で街宣、とのことで、区をまたぐとはいえすぐそこ。10人ほどで聞きに行きました。候補者の頑張りをみることは、やっぱり運動の励みです。(柳本さんの後ろに見えるマンションは、20数年前、私が住んでいた懐かしいマンションです)

 そして、担い手を増やすにはやっぱり小集会。拡声器をいっさい使えないからこそ、この取り組みもとっても重要です。

 今日は蒲生地域。皆さん時間をやりくりしてお集まり下さいました。

12196011_421539964717214_631547281699268606_n 少し訴えをさせていただいた後、懇談。バスが減って大変! 国民健康保険料が高すぎる! 橋下市長が教育費を5倍にしたってほんとう⁈ など、やりとりをしているうちにますます維新政治への怒りがこみあげてきます。

 みんなの悲鳴と怒りを集めて、必ず勝利を! 

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。