その他のページ

「間違ったことしていなんだから」  元気をいただいた小集会

 参院選に向けて、連日、小さな集まりを開いていただいています。「こんな年寄りばっかり集めててもダメだ」など、耳の痛いご意見もいただきながら、1人でも多くの人が、1人でも多くの人に広げて下さるように、語り合っています。

 今日は何年ぶりかわからないくらい久しぶりの関目のMさん宅で。「めまいがするから少し遅れるけれど、必ず行きます」という電話を下さり、初めて来てくださった82歳の方。昔々から日本共産党を支持してこられたそうで「国会を見ていると、質問時間が短くてかわいそうで涙が出る」「増やしたいから電話をたくさんかけます。近所の人や、美容院でも言います」と。「私は、近所の人や美容院とかでは言いにくい」ともらした党員さんに「どうして?どうして?」と心底不思議がっておられました。

 どれだけ声がかかるかが大切とわかってはいても、尻込みをしがちな私たち。こんなにまっすぐ、「間違ったことしてないんだから、誰にでも頼めるわよ」と言われてグーの根も出ない、といったところでしょうか。

 元気を下さったこの方としっかり握手。とっても楽しい時間でした。