その他のページ

「住民投票、今じゃない!」の声を無視   法定協議会  

 第34回法定協議会。
 コロナ禍の最中に行われた「大阪市廃止についての意見募集」の報告がありました。有権者220万人余のなかで、寄せられた意見は888件。0.04%。そして圧倒的な意見は「今ではない」!。
 「コロナ禍のなかで大都市制度など考えられない」「コロナ対策をしてほしい」「財政シミュレーションをやり直してから」・・・当然です。「この声に従うべきだ」という意見表明に対して、「市民が言うならともかく、議員がこんなことに同調するのは残念だ」と松井市長。市民の思いに寄り添わず、2波、3波は確実だといい、大阪マラソンは中止しながら、11月1日住民投票にしがみつく党利党略こそ残念です。
 次回19日に協定書案を起立採決するとのこと。議会や法定協議会の数は余りにも多勢に無勢。市民の力で押し返すしかありません。