ブログ

初めてづくしのたたかい

 今日も、多くの方がそうであるように、朝から晩まで、住民投票対策に明け暮れた日。

 出来ることは全部やりたいと思っていろいろな所へ出かけ、いろいろな方とお目にかかっています。

 今日一番驚いたこと。

 「絶対反対」と言い続けて先頭に立っておられる方と作戦の相談。一通り相談が終わった時「ところで“都構想”ってそんなにアカンの? 橋下市長が言うから反対なの?」という質問。内心ぶっ飛びながら、持っていた資料と知識を駆使して学習会。財政調整、資産や負債の行き先、一部事務組合などをお話しすると、「エー!」「エー!」と驚きの声。「なんでこんなことするんや!」

 いかに内容を伝えられていないかに愕然。それでも「大阪市廃止分割」は食い止めなければ、と必死になっておられるのですから、内容を知っていただいたら鬼に金棒です。今からでも、学習の機会をつくり語り手を増やし、街のあちこちで「ひどいことになるんやで」「わからなっかたら反対やで」の声かけがあふれる日を早くつくらなければなりません。 

 短期決戦、しかも、初めてづくしのたたかいです。

    政令市の廃止・分割が遡上にのぼるのは初めて

    天才的な(うそつき)スーパーマンを相手にするのも初めて

    政党や主義・主張を超えた協力も大阪市では初めて

 こんなたたかいは誰も経験したことがありません。定石もありません。走りながら考え、考えたら走る。会議で決めてから、などと言えないことも起こります。よさそうなことは全部取りいれ、みんなが必死で頑張る時です。

どんどんやろう!  街かど懇談会

 午前中、公害をなくす患者と家族の会の総会に出席。

 前半戦を闘った候補者がご苦労さん会、だとか言っている投稿を見た直後で頭に血がのぼって、気持ちが焦って、総会の挨拶というより“住民投票に向けての檄”みたいな挨拶になってしまいました。

 冷静に、選挙の時に心がけたように“笑顔”でいなければ、と思うのですが、短期決戦であること、そして選挙と違って「捲土重来」のない1回勝負であることが、私から“笑顔”を奪っているようです。

 厳しい闘いだからこそ、元気に笑って、やっていかねば。

 午後は、2つの公園で「“都構想ストップ”街かど懇談会」。大きな横断幕をつくってハンドマイクで構想の問題点を説明。

  私たちの手が届かない、お付き合いのない方に“都構想の本当の姿”を知っていただこうと急きょ取り組みました。前日に全戸ビラを配布できた地域では、「一方の言うことだけ聞いていてもダメだと思って」と見知らぬ方たちも来て下さいました。犬の散歩中の方、神社の春まつりの御神輿途中の方なども参加して下さり、熱心に具体的な質問がたくさん。ともに取り組んだ仲間たちの「やって良かった! どんどんやろう!」との感想が嬉しい。

 やるべきことは全部やらねば。仲間の学習会も数多くやって語り手を増やしつつ、いろんな場所で、いろんな形で“ほんとの姿”を語っていきたい。

短期決戦! フル回転をめざして

 橋下市長の住民説明会は公正・中立とかけ離れていて許されないもの。昨日17日、4会派で申し入れと記者会見を行いましたが、残念ながら改まるとは思えません。4月18日イ

 凌駕する宣伝、対話、つどいを急ピッチでやることが一番! 

 というわけで、大阪市をよくする城東区連絡会を中心に立ち上げた「合同闘争本部」で、18日イズミヤ前宣伝。ビラの受け取りもこれまでのどんな取り組みより良く、立ち止まって聞いて下さる方も。「まったくわからない」という方も数人おられ対話。交代でマイクを回していたら、突然全然知らない買い物客の方が「私にもしゃべらせて!」とマイクを握り、「弱い市民のことを考えていない」とド迫力の演説。ビラをしげしげ見ておられた男性に「お迷いですか?」と声をかけると「迷うわけないじゃないですか。なぜ自治権を放棄する必要があるんですか」。恐れ入りました。もちろんわずかですが「賛成や」と言い捨てる方も。

 毎日毎日、ひと声ひと声の積み重ねが大切。テンポアップを!とつくづく思いました。

4月18日へ 午後は、中浜地域のヘルスコープおおさかの総会にお招きいただきました。

 市民のくらしや社会保障を悪くする“都構想”。組合員の命を守る立場からヘルスコープおおさかは理事会として「断固反対」の見解を発表しています。そのこともご紹介し、「大阪市廃止・分割のしくみ」が一目でわかる図を配布。めぼしい財産や税収が全部府に行ってしまう実態に驚きの声。

 「周りの人に、『絶対に住民投票に行って“反対”って書かな大変なことになる』と話して下さい」としつこくお願い。どうか語り手が増えてくれますように。

 明日は、公園で街角懇談会をする予定です。お天気が心配ですが・・・・。

 夜は運動の進め方についてつっこんだ打ち合わせ。短期決戦。大きな力を発揮するために知恵と力を尽くさなければ。

福祉の心のない“都構想” 誰も幸せにはなりません

野江ラスト 31日は京阪野江駅からスタート。「大阪市廃止・分割ストップ」の訴えとともに今朝はどうしても沖縄の新基地建設強行をめぐって力が入ります。

 県民の総意を屁理屈でねじふせるやり方。沖縄の皆さんの怒りと悔しさ、政府のひどさを思うと涙がこみあげ思わず♪沖縄を返せ♪と歌ってしまいました。怒りの余りとはいえ朝っぱらからアホなことをしたと悔いながら、「この国の主人公はだれなのか、民主主義はどこへいったのか」渾身の怒りをこめて沖縄に連帯する思いをお話ししました。

 選挙のずい分前から立ってきたこの駅も告示前は今日が最後。いつものお店に「いよいよです。お世話になります」とご挨拶に上がりました。がんばってがんばって勝利して嬉しいご挨拶に伺いたいです。

 関目宣伝1昼間は北の地域、夕方は南の地域でハンドマイク宣伝。「暑い中ご苦労さまです」というねぎらいには面喰いましたが、たしかにポカポカ陽気。「ガンバレ」と言って下さる方も多く、10年以上ぶりという方にも数人お目にかかり、楽しい時間。

 ビラを配っていると「(都構想に)賛成派? 反対派?」と聞かれ「反対です」と答えるとビラを受け取ってくれたという報告が2回。逆に「民営化せなアカンのや! 収入が関目宣伝2減るとか小さいこと言うな!」と怒鳴り散らす方も。「大阪市をつぶす」という無茶な住民投票のせいで、街の人たちが二分され対立的な雰囲気が生まれ始めているようです。誰も幸せにならない住民投票。やっぱり避けるべきだったと思わずにはいられません。

 今日は古巣の福祉職場が昼休みの決起集会を開いてくれました。貴重なお昼休みに駆けつけてくれた福祉労働者の皆さんに、いわゆる“都構想”で福祉がどうなるか、かいつまんでお話しさせていただきました。

 高齢者や児童や障害者の福祉は特別区が担うとなっているけれど、財源の裏付けもなければ、具体的にどう展開していくのかはまったく考えられていません。保育所・特別養護老人ホーム・障害児者施設は、特別区を越えて利用できるのか。児童相談所は各特別区につくると言っているけれど、児童福祉士などの専門家も足りず、乳児院などの受け皿施設も全区にあるわけではありません。受け皿施設のない児童相談所が果たして機能するのか。どれだけ問いただしても答えのないまま住民投票を迎えます。

 福祉のことなど1ミリも考えていない“都構想”。市民みんなが被害を受けますが、とりわけ弱者には混乱と困惑が待ち構えています。年々現場は厳しくなるなかですが、利用者を守るために福祉労働者として“都構想”阻止のために奮闘していただくことを心からお願いしました。

寝ても覚めても「We Say NO!」

今朝もり 30日は森之宮駅からスタート。公示前、この駅に立つのはこれが最後です。いつも応援して下さる方とは「いよいよです」と握手。

 医療生協で頑張っている岡本こうし府政対策委員長のご縁で、森之宮駅と接している中央区や東成区の方が大阪城公園でのラジオ体操帰りにビラまきに参加して下さいました。「大阪市廃止・分割」のもとでは大阪城公園は、鶴見緑地などとともに府に移管されます。「大阪全体の成長、都市の発展及び安心・安全に関わる」から、とのことですが、周辺住民の憩いの場です。民間資本をどんどん入れて好き勝手なことをされてはたまりません。 

 そして今日も今日とて市役所へ。

 住民説明会で配布する「協定書への反対意見」についての調整のためです。連日この問題で登庁しましたがたぶん今日が最後です。ということは選挙前、最後の登庁。書類が山積みの机を見ながら「片付けようか」とも思いましたが、時間もないし縁起が悪いような気もしてそのままに。片づけもせず去る以上、必ず戻って来なければ。

井筒さん 控え室にいた時来客が。先日大阪革新懇さんが「We Say NO!」の缶バッジを100個ご注文下さったのですが、憧れの井筒百子さんが革新懇の事務所へ行かれる途中に、市役所に受け取りにお立ち寄り下さいました。憧れの人に思いがけずお目にかかれて舞い上がった私にプレゼントまで下さいました。七宝焼きのストラップは井筒さんの手づくりとのこと。大切にします。

どんぐり半 地元に急ぎ戻って放出地域をひたすら歩き、夜は新婦人どんぐり班の班会にお邪魔して「大阪市廃止・分割」のお話。班会の時間を頂戴しているのでなるべくコンパクトにと思っていたのに、相槌やら「ひど!」「エッ!」などの合いの手やらが多いのでつい調子にのってちょっとしゃべり過ぎかな、と思いながら、汗だくになって40分もしゃべってしまいました。武器であるおしゃべりでみんなが語り広げる人になってくれますように。「We Say NO!」の缶バッジやエコバッグもたくさんお買い上げいただきました。

 こんなに集まることはめったにないという班の皆さんの了解をいただいて記念の1枚。

喜びも、ストレスもたくさんあります

11011251_623477524449942_5167830836491093275_n 今日女性2先週末の暖かさはどこへやら、寒い日が続くなか、宣伝や対話に取り組んでいます、と言いたいところですが、なかなか十分に時間がとれなくて悩んでいます。

 今日は地元活動に集中できる日でした。今福鶴見駅での朝のごあいさつに始まって、女性後援会の皆さんと総勢19人でのハンドマイク宣伝、訪問活動など、たくさん歩き、たくさんの方に出会い、たくさんの励ましをいただきました。

 そうやっているととっても楽しいのですが、戻れば、例の問題が待ち構えています。

 5月17日の住民投票に向けて大阪市が全戸に配るパンフレットの内容を巡っての対応です。あまりに偏った内容。市長に「公正な物に」と申し入れても、要望をのんだような顔をしておいて、後出しジャンケンみたいに妙なものを付け加えてくる。最後には、「市長の権限。訴訟のリスクも僕が負う。僕はこれをやりたくて出直し市長選挙をやったんだから、ダメだと言うならあの時候補者を立てれば良かった」の一点張りでお話になりません。

 地元の皆さんと一緒の宣伝、対話の楽しさと、住民投票のパンフ等を巡るストレス。両にらみで、どちらも全力をつくすべし、というところでしょうか。

 申し入れや相談を続けていますが、「不適切かもしれないが違法とは言えない」という弁護士の意見を後ろ盾に発行を強行するようです。住民監査請求などは視野に入れながら、やっぱり彼らを凌駕する運動をするしかない、とあらためて腹をくくっています。浅野さん

 今日の「しんぶん赤旗」に民意の声の浅野秀弥代表のインタビューがのりました。「その通り、その通り」と何度も思うとても良い記事。日本共産党とはまったくご縁のなかった方が「大阪市廃止許すな。橋下市長のムチャを許すな」の一点で「しんぶん赤旗」に登場して下さる。その思い、意気込みをしっかり受け止めて、みんなと一緒に死力をつくそうと思います。