ブログ

これが首長のすることか!  第3回大阪会議

 28日、第3回大阪会議のはずでした。

 会議の進め方、会長の権限などについて長時間議論した24日の準備会。そのなかでは橋下市長の提案を受けて「代表者会議は全会一致を原則」ということも盛り込まれました。

 今日は、まず準備会の続会でそれらの申し合わせの成文化されたものを確認し、いよいよ、全体の会議で、それぞれ議論したい議題のプレゼンテーションに進む、というのが、誰が考えても自然の流れでした。

 だからこそ、9時30分から準備会➝終了次第大阪会議 という通知を受けて、代表以外の委員の皆さんも、傍聴の皆さんも、9時30分から、代表者会議をしている部屋のすぐ向かいの会議室でずっと着席して待っておられたのです。

 ところが、松井知事と橋下市長は、議題のプレゼンテーションを、非公開の準備会(代表者会議)でやるべきだと言い募るなど、次から次へと無理難題を持ち出して、全体の会議を開かせまいと必死。“議題の優先順位は全会一致では決まらない”と決めつけて、「決まらない時には会長に一任するよう約束せよ」と、前回の発言とまったく矛盾することにも固執し、結局、時間切れで、何も進まない不毛な半日となりました。

 終了後の囲み会見で「なぜ全体の会議で議題のプレゼンテーションをしたらダメなのか」という記者さんの質問に、「なぜかといったら、アリバイに使われるからです。大阪会議が進みました。これで大阪都構想はいりませんって、絶対に放送するんですから。」と答えたという橋下市長。

 W選挙に向けて、大阪会議を妨害し機能マヒさせて、“やっぱり都構想しかない”と叫ぶことだけを目的に大阪会議を利用していることがますます明らかになりました。

 市民のくらしの向上、防災対策など安全の向上、経済の活性化・・・山積する課題を置き去りに、自分たちの選挙対策のためだけに不毛な対立を作り出し、市民や議会、職員を振り回す。

 これが首長のすることか!

 強い怒りとともに、W選挙で、まともな政治を大阪に築かねば、の思いがこみあげました。 

“住民参加”の具現   「市民マニフェスト」ディスカッション

市民まにゅフェスト 26日、「もうすぐ大阪市長選! 市民が自分で考える政策ディスカッション」という取り組みに、自民党の北野妙子議員、OSAKAみらいの武直樹議員と一緒に参加させていただきました(主催者は全会派に参加を要請されたそうです)。
 気軽にお引き受けしたものの、一昨日、送っていただいた「市民マニフェスト」やタイムテーブルを拝見して少し当惑。多岐にわたるとともにかなり専門的な「マニフェスト」にそれぞれが回答し、その後議員ごとのブースに分かれての質疑応答とのこと。

 「試されますね~」と覚悟をしつつ、しかしワクワクして出かけました。

 かなり辛辣な質問もありましたが、面白かった~! 

 これからの大阪市の発展に不可欠だと私が考えている「市民が主人公。住民参加、住民自治に基づく都市内分権」を具現しているような取り組み。

 市レベル、区レベル、小学校単位レベルで、いろいろな意見、立場の人たちが、真剣に議論して合意形成し、その意見を市が懸命に尊重し予算や施策に反映させる。“上から目線”の対極をなす住民参加と自治を、全国トップで進めていく。これが大阪市の進む道だと考えます。

 こんな取り組みが、ずっと続き、どんどん広がることを願います。

懐かしさも勉強も  飯田高校同窓会関西支部総会

 5日、長野県飯田高校同窓会関西支部の総会が大阪で開かれ、約20年ぶりに出席しました。

 はるばる飯田市の牧野市長が来阪され(氏も1年先輩の同窓生)1時間の記念講演。人口減少のなかで、人と地域を大切にしながら、産業政策にも力を入れ、自立・持続できる都市をめざして3期目。

 ある地域の保育園が園児1人となる見通しになり、市の担当者が廃園の判断を仰いできた時、牧野市長は、「保育園をなくせば小学校もなくなる。小学校がなくなれば地域がなくなる。800年続くお祭りのある歴史ある地域を、自分の代でなくすわけにはいかない」と、地域に若い人を呼び戻し、子どもを増やすために「予算はいくらかかってもいい。何でもやってほしい」と指示したとのこと。現場主義の立場に立った職員の努力で園児が増え始めると同時に、地域を支えるエネルギー産業が育ちつつあるそうです。

 都市の規模は違っても、学ぶことがたくさんある講演でした。じっくり、「視察」に出かけたいと強く思いました。

同窓会関西支部 同窓でもある母はほぼ毎年参加の常連さん。オカリナを披露しました。

 最後は「校歌」と「長野県歌」の大合唱。いいもんですね。

京橋に“赤”集団  戦争法ストップ宣伝

京橋女性宣伝全体像 2015年も半分過ぎ去りました。瞬く間に過ぎた半年。今日から7月です。

 夕方、京橋駅で日本共産党大阪女性後援会主催の「戦争法ストップ」宣伝がありました。

京橋女性宣伝 レッドカードの意味を込めて“赤”を身に着けて、という指示。滅多に着ない赤のジャケットに着替えて出かけました。

 わたなべ結参議院予定候補をはじめ総勢52人、うち城東区から14人。病人を抱えたり、足が痛かったりで、みんな大変なのに、ほんとうに頭が下がります。広いコンコースに思い思いの赤が良く目立っていました。

 立ち止まって下さった女性の「小学校2年の時、家を焼かれて大変な思いをした。戦争は絶対にあかん」という声。多くの国民の皆さんに共通する思いでしょう。

 若い人たちが立ち止まって署名やシール投票に協力してくれる姿がとっても多くて、頼もしく、嬉しく思いました。

 「大阪市をなくさないで」の願いに保守も革新もない、と頑張った大阪のうねりを、今度は「戦争アカン。平和と命が大切」の思いに保守も革新もないのうねりにしていきたい。

 

大都市局廃止! 変えよう、大阪市

 今日、6月30日をもって、「都構想」の事務局を担ってきた大阪府市大都市局が廃止されました。府・市合わせて100人近い職員の皆さんは、辞令にしたがいチリジリバラバラにいろいろな部署にいかれます。

 控え室にいると、大阪府に戻って行かれる職員さんが数人退任の挨拶にお越しくださいました。これまで見たことのない晴れやかな笑顔の方が多い。

 振り返れば、私自身も議会で「まるでGHQではないか」と言ったように、組織のあり方への批判が渦巻くなかでの設置であり、着任でした。

 あれから2年余り。

 不毛な議論を繰り返し、やむにやまれずキツイ言葉を投げつけたこともありました。こちらも本当に大変な日々だったけれど、この人たちも眠れぬ夜もあったかも知れません。

 たくさんの人が、荒唐無稽な絵空事に振り回された傷の大きさと深さ。この痛みを無駄にしてはいけない。

 より良い大阪市に変わることで活かしたい。

 健康と健闘を願うお別れの挨拶を交わしながら、あらためて思いました。

5月26日

 5月26日

 今日は娘の22歳の誕生日です。

 総選挙、地方選挙、住民投票・・・心配をかけるばかりの日々でした。何かあるごとに愚痴も聞いてくれ、体を心配しながら、出来る時は一生懸命アナウンサーもしてくれました。

IMG_4048 住民投票が負けそうかもしれない、という情報に真剣に落ち込み、勝利を知って狂喜してくれました。

 お礼を込めて

 今日は、ひっさびさに娘の一番お気に入りのビーフシチュー。煮込んで煮込んで作りました。

 私「22歳っていえば『22歳の別れ』やな」娘「?」。そうか、知らないんや。

Page 3 of 4912345...102030...Last »