ブログ

手足は凍る 心は燃える   

2015.1.23鴫野駅 23日は鴫野駅の朝宣からスタート。鴫野駅への道中、蒲生4丁目ではすでにUさんが岡本・山中ののぼりをたてて、ハンドマイクで訴えて下さっていました。よし! ガンバロウと鴫野駅へ。

 地方選挙も、住民投票も、すごく厳しい状況、ということが、少しずつ浸透しているのでしょうか、いつも、鴫野駅から出勤される方が「大変になっているって聞いた。私も頑張るから、頑張って」と言って下さるなど、あたたかい反応に励まされました。

 幹事長会議などで、市役所に出かけて、1月30日の本会議の開催を確認。またまたまたまた、不当労働行為の府労委の命令が出たための本会議です。憲法も地方公務員法も無視した橋下市長のやり方は、とどまるところを知りません。

 今度は、「都構想について、職員は意見を言うな」という指示。「職員の発言が報道されたら、犯人捜しをするし、許さない」とも。

 公務員は、市長の奴隷ではありません。“住民全体の奉仕者”です。住民の利益に反すると考えることは、きちんと発言することこそ、本来の姿です。処分をちらつかせて委縮させ、黙らせなければならないような、問題だらけのものであることを、自ら露呈しているのではないでしょうか。

 夜、凍った手足が溶ける音を聞いています。

 夕方、城東校下を支部長さんや小玉滋前市会議員と一緒にテクテク。8768歩(スマホ調べ)。寒かった!
 今日、お伺いした方たちは「古くからある大阪の歴史や伝統を、勝手なことせんとってほしい」「言うこともすることもメチャクチャや」というお声が95%(山中調べ)。この声を、どう広げていくのか、4月と5月に向けて、知恵と力を振り絞らなければなりません。

 

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。