ブログ

声を限りに「こわすのではなくより良い街にチェンジ!」  地方選初日

出発式いよいよ地方選挙が始まりました。

何とかお天気がもってくれた出発式を終えて、午前は北、午後は南の地域。

午後は娘がアナウンサーをつとめてくれました。

後ろのスピーカーが音が出なくなるハプニングはありましたが、サウンドユーさんが駆けつけてくれ、すぐなおり、つぎのようなスポットをしながら区内を一巡。

風邪ぎみでもあり、すでに喉はかなり悲鳴を上げていますが、声を限りに「わが街大阪、こわすのでははく、より良い街にチェンジ!」と訴え、初日は無事に終わりました。 

 日本共産党 市会候補の山中智子です。 

 今年は戦後70年。「戦争だけは絶対にあかん」。多くの人の願いです。それなのに安倍首相は集団的自衛権の行使容認をあしがかりに、いよいよ地方選挙後に公明党と一緒になって、具体的な戦争立法、戦争する国づくりに足を踏み出そうとしています。いつでもどこでもどんな戦争でも自衛隊が戦闘に参加し、殺し殺される軍隊になる。自衛隊員が足らなくなれば徴兵制。こんな恐ろしいことどうして許すことができるでしょうか。 

syponiti2 くらしをめぐっても大きな悲鳴が上がっているのに、アベノミクスで格差を広げておいて大きな顔をして、再来年には消費税を絶対に10%に引き上げるという。そして原発は何が何でも再稼働。 

 国民多くの願いにことごとく背くこんな暴走どうしても食い止めなければなりません。 

 どんな問題でも国民の利益第一を貫き、どんな時代にも時には命をかけても「戦争反対」で頑張る党、日本共産党の私山中智子を何として勝ち抜かせていただいて、安倍政権の暴走ストップ、「平和を守れ、くらしを守れ」の声を届けさせて下さいますよう心からお願い申し上げます。 

 大阪では5月17日に「大阪市をなくしますか」という住民投票が行われます。都構想なんていっていますが決して都になるわけではありません。大阪府のまま。他の市町村も何にも変わらない。ただただ大阪市が消えてなくなり、そのかわりに特別区というわけのわからない自治体を5つつくるというんです。橋下市長たちは、「大阪市をつぶせば二重行政の解消でお金がうんと浮いてくる」なんて言っていますがとんでもないごまかし、真っ赤なウソです。だって大阪市がなくなっても、かわりにできた5つの特別区が基礎的な仕事はバラバラにやっていくわけですから、職員も増えむしろ人件費も事務費も増えてしまいます。高校、大学、大阪城、鶴見緑地。動物園、博物館、美術館、地下鉄、市バスなどめぼしい財産は全部府の物になって、府が運営するわけですから、ここでもお金は1円も浮きません。逆にわざわざ大阪市をつぶして、わざわざ5つもの自治体を作るためには庁舎の建設などなど最初にかかるお金が600億円。これこそ無駄遣いではないでしょうか。 

syoniti 一方収入はといえば、市に入ってきていた収入の主だったもの4分の3は府の物となり、府が持っていってしまう。持って行った中から特別区に分けてくれるというんですが、いったいどのくらい分けてくれるのか「協定書」には一言も書かれていないおそろしい代物です。結局、収入は減りコストは増えて、特別区は国民健康保険料の値上げ、介護保険料の値上げ、保育料の値上げなど住民サービスを悪くしても悪くしても赤字だらけ、すぐに借金しなければやっていけないみじめな姿がはっきりしています。 わからない、難しすぎるというお声を耳にします。当然だと思います。でもわからないからと多くの方が棄権されても、この住民投票は投票率がどんなに低くても成立してしまう。そして1票でも「賛成」という票が多ければ大阪市は消えてなくなり、不自由で貧乏な特別区にされてしまいます。そしていったんこの道を選んだら、後でどんなに後悔しても元に戻す法律はありません。決して元には戻れません。“都構想”ストップの先頭に立つ私、山中智子、何としても押し上げていただき「大阪市をなくすな」「くらしを壊すな」の声を広げていただきますように心からお願い申し上げます。

  私たちは、“都構想”に反対だからといって、今のままの大阪市でいいと言っているわけではありません。

  大阪市政はたしかにひどかった。WTCだATCだと馬鹿げた無駄遣いをやっては全部失敗し、赤字のつけを市民に回して、くらし・福祉を切り捨てる市民に冷たい市政が続きました。

 いま、橋下市長たちは、大阪市をつぶしても浮くお金なんてない、ということが明らかになって困り果てて、こうした巨大開発を二重行政のムダだと盛んに言いながら、一方で夢洲にカジノを誘致する、そのために誰も人が住んでいない夢洲に新しい鉄道をつくるなどと言っています。昔とおんなじ馬鹿げたムダな巨大開発そのものではありませんか。しかもカジノです。これでいったいどうして大阪が良くなるというのでしょうか。 

 長く続いたオール与党市政の時代、ばかげた無駄遣いが提案されるたんびに「そんな無駄遣いはやめるべきだ、税金は市民のために使うべきだ」とただ一人言い続けた日本共産党をどうか大きくして下さい。“都構想”を食い止め、橋下市長がやろうとしているばかげた無駄遣いは絶対にやめさせて、大阪市のもつ大きな力を、市民の皆さんのくらし、福祉、子育て、そして中小企業の営業の応援に一生懸命つかう、市民にあたたかい新しい大阪市をご一緒に築こうではありませんか。 

 わが街大阪、こわすのではなくより良い街にチェンジ! 私、山中智子は全力を尽くします。厳しい選挙です。何としても引き続き市議会にお送りいただき、中学校給食はあたたかくておいしいものに改善、充実させる、敬老パスの1回50円の撤廃、介護保険料の値下げなど、切実な願い実現のために働かせていただきますよう心からお願い申し上げます。

 

 

 

 

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。