ブログ

行政視察に行ってきました

 都構想の制度設計が提案されました。具体的になればなるほど、大阪市廃止後の半人前の自治体=特別区のみじめな姿がみえてきます。9月半ばからの特別区設置協議会などを通して、住民のくらしや福祉を脅かす中身であることを知っていただくよう全力を尽くします。

 先日、市会財政総務委員会で新潟市等への行政視察があり、政令市のままで、住民の参画を確保・強化する取り組みを伺いました。少し長いですが、議長に提出した「報告書」を掲載します。

2013年度財政総務委員会行政視察報告書 

○日 時   2013年8月21日~22日

○視察先と視察項目

 ① 区自治協議会について(新潟市)

 ② 地域コミュニティ協議会について(新潟市)

 ③ 新潟州構想について(新潟市)

 ④ ワークポート新潟について(新潟市)

 ⑤ シティプラザ「アオーレ長岡」とその活用による市民協働の取り組みについて(長岡市)

 ⑥ 長岡震災アーカイブセンターについて(長岡市)

 

○視察内容と考察

 地域コミュニティ協議会と区自治協議会を柱とする新潟市の「都市内分権」の取り組みは2005年の広域合併を大きな背景としている。合併への合意を促進するうえで、従来の地域コミュニティや自治の単位の尊重の必要性からつくられた仕組みという側面がある。

 そうした経過の違いはあっても、政令市など大都市において、市民の市政への参画を本格化させる仕組みとしての「都市内分権」の取り組みは重要である、との認識から、日本共産党市会議員団は2年前にも、新潟市を訪問、視察させていただいている。    

    新潟市の「区自治協議会」は地方自治法にもとづくものであり、「自治基本条例」の制定、合併の理念としての「分権型政令市」というスローガンともあいまって、市政運営に「市民・地域と行政がパートナーとして相互に尊重し、共通課題に取り組む」という考え方を貫く努力がなされている。本市の、ともすれば「区政会議」や「地域活動協議会」などの枠組みを行政が決め、地域に押し付けている、といった進み方とはおおいに異なると考える。

  地域コミュニティ協議会専用の活動スペースの有無、事務局員の有無など、2年前にも課題としてお聞きしていた活性化のための条件整備は、引き続き課題として残されているようだが、地域に真に力を発揮してもらうためには、人と場所を「確保しなければならない」という認識を行政が持っていることは学ぶべきではないだろうか。 

  4期目を迎えた「区自治協議会」は、当初の有力者中心の構成からは顔ぶれがかわり、コミュニティ協議会などの代表として参加する意識が薄れている、という状況は興味深く受け止めた。

      公共交通をめぐって、9月議会で提案される運びとなっていたものを「もっと住民の声を聞くべき」との「区自治協議会」からの要望書が出され見送りになるなど、地域の声が「区自治協議会」を通じて市政に反映されたケースとみて良いのではないか。 

  いずれにしても、担い手の高齢化、住民全体への認知度の低さなど、2年前にうかがった時より劇的に住民の参画が進んだ、という印象はないものの、住民自治とはそうしたものだろうと思う。時間がかかっても、住民の経験のなかで活性化し意義を深めていくと思う。「統治機構を変える」方が派手に見えるとしても、形を変えただけでは住民の参画は進まないことをあらためて感じた。 

    知事・市長のツートップが打ち出した「新潟州」についても説明を受けた。当初の「形ありき」の議論は否定され、現在は「具体の課題解決を優先」「多様な選択肢を確保し、現行制度を踏まえてスタート」「時間軸の流れの中でよりよい体制」がめざすべき方向性となっている。

    住民にとってよりよい体制を、と真面目に考えれば、出来るかどうかわからない「統治機構の改革」に時間をかけるより、一つひとつ、具体的に議論し実行していく方がいい、新潟はどうやら、こうした結論に到達したのではないか、という印象を受けた。

    このめざすべき方向性にもとづいて「ワークポート新潟」が開設され、文化施設の一体管理(市の外郭団体が県の施設も管理する)などが行われようとしている。この7月末、市内にある県営住宅について、市が市営住宅とともに一体管理する基本合意にいたったとのこと。県営住宅の立地する土地の状況に応じて3段階で移管するが、土地を無償譲渡できるのか、など法的な問題や家賃の差をどうするかなどの問題もあり、具体的にはこれからとのことだった。公営住宅一つとっても時間をかけて、道理にのっとり住民を心配しながら議論する新潟がとっくに手放した「形ありき」の議論を、大阪ではいつまで続けるのだろうか。 

アオーレ長岡2    長岡市で視察させていただいた「アオーレ長岡」は、中越大震災での庁舎の被災や、合併による庁舎の分散化などを背景に、庁舎機能のまちなかへの集約と、市民協働の拠点づくりのために、長岡駅前に建設された複合施設である。

   同地にあった厚生会館の古材などを活用した斬新なデザインは見て楽しいものだが、131億円という事業費が果たして妥当なのか、という疑問が残る。ガラス貼りという形状からくる維持運営費の増高とあわせて、「市民生活を圧迫するハコ物」という印象はぬぐえない。

    ただ、24時間市民が憩えるナカドマや、無数にあるスペースをアリーナ以外は無料で提供するなど、まちなかに人を呼び込みたい、という熱意は強く感じられた。

     「アオーレ長岡」の一角にあるシアターで見た復興への願いを込めた「長岡大花火」の模様や、「アーカイブセンターきおくみらい」は、大震災を将来にわたって記録・記憶し、総力あげて復興と防災を、という固い決意を感じた。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。