ブログ

住民自治の道のり    第2回区政会議

 10月区政会議 7日、今年度2回目の区政会議が開かれました。今回からメンバーが変わり、公募委員17人を含む50人の大きな区政会議になりました。当初、公募委員は10人の予定でしたが、17人の方が応募され、全員にお願いすることになったそうです。一人でも多く参加していただきたいという区の思いが偲ばれます。

 来年度の運営方針素案などの説明の後、皆さんから、質問・意見。「子どもや教育にかかわることが問題意識から抜けている」「区バスの改善など、高齢者の外出保障を」「要援護者にかかわる立場から、避難訓練などは横のつながりが必要」「城北川のブランド化もいいけれど、城東区には他にも川がある。トータルでの街づくりを」などなど、ほんとうに貴重なご意見ばかり。

 けれどもさすがに50人で議論はムリです。課題だった部会がやっと具体化。今後は、防災・福祉・まちづくりの部会の中で、より活発な議論が交わされることになると思います。

 
 住民自治はみんなの努力で築くもの。区政会議の皆さんをお客さんにせず、地域の課題解決の主役にする。言葉では簡単ですが、大変な道のりです。懸命に柔軟に取り組めるよう、しっかりと関わっていきたいと思います。

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。