ブログ

京橋に“赤”集団  戦争法ストップ宣伝

京橋女性宣伝全体像 2015年も半分過ぎ去りました。瞬く間に過ぎた半年。今日から7月です。

 夕方、京橋駅で日本共産党大阪女性後援会主催の「戦争法ストップ」宣伝がありました。

京橋女性宣伝 レッドカードの意味を込めて“赤”を身に着けて、という指示。滅多に着ない赤のジャケットに着替えて出かけました。

 わたなべ結参議院予定候補をはじめ総勢52人、うち城東区から14人。病人を抱えたり、足が痛かったりで、みんな大変なのに、ほんとうに頭が下がります。広いコンコースに思い思いの赤が良く目立っていました。

 立ち止まって下さった女性の「小学校2年の時、家を焼かれて大変な思いをした。戦争は絶対にあかん」という声。多くの国民の皆さんに共通する思いでしょう。

 若い人たちが立ち止まって署名やシール投票に協力してくれる姿がとっても多くて、頼もしく、嬉しく思いました。

 「大阪市をなくさないで」の願いに保守も革新もない、と頑張った大阪のうねりを、今度は「戦争アカン。平和と命が大切」の思いに保守も革新もないのうねりにしていきたい。

 

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。