ブログ

ますます厳しい! 焦らず、懸命に

蒲生4丁目 寒さが苦手なクセに、街頭宣伝やご挨拶回りでコートを着るのも苦手です。今日も、人に言えないほど、たくさん着込んで、人に言えないほどカイロを貼って出発しました。

 朝宣場所の鴫野駅に着くと、見知らぬ男性が演説中。市民団体の支援で地方選をめざす「無所属新人」だそうです。7時から始めておられて9時まで立たれるとのこと。

 「無所属新人」さんは、私たちとよく似た主張をしておられるうえ、そこそこ若めの、相当の人数で宣伝。

 「隔週ですが、金曜日の宣伝を長年、続けているので、今後は曜日をご検討いただきたい」と伝え、仲間にビラまきだけお願いし、私は岡本こうし府政対策委員長が行っている蒲生4丁目に移動して合流しました。

 ここも、私がなかなか参加できなくても、長年、朝宣を続けて下さっています。ビラを持つ人たちは、決して若いとは言えませんが、信念と心意気に満ちています。Iさんは、立ちっぱなしでいると、宣伝が終わっても、すぐには足が動きません。それでも、欠かさず参加されます。この人たちに支えられている。 「無所属新人」さんの登場で、ますます厳しい選挙になるけれど、焦らず、でも、懸命に頑張りぬこう!

 13日の法定協議会の準備が入ったので、午前中だけ挨拶回り。あるお家で、出て来られた男性が、まじまじと私の顔を見て「年、いったなあ」と。「そりゃあ、とらなきゃ化けもんですよ」と大笑いして、握手して、外へ出て歩き出すと、一緒に回って下さっている真面目人間のKさんが、実に必死で「僕は、今の方がずっといいと思っていますよ」「昔のポスターと比べても、今の方がずっといい。ほんとですよ」と、何度も何度も言って下さいました。「気にしてないからいいですよ」と言いながら、お心遣いが嬉しゅうございました。

クレオサミット 事務所に届いていたチラシ。クレオサミット 「“ついうっかり”歳をとらないために  50歳からの老後を支えるしぶん力」(1月25日午後2時~、クレオ東)。「年いったなあ」と言われるまでもなく、言葉が出て来ない、集中できなくなった、などなど、老いを実感する日々です。1月25日はとても無理ですが、行ってみたい! と思う企画です。 

冷た~いお茶で元気いっぱい   野江駅宣伝

2014.8.5 野江駅 5日は、京阪野江駅で、早朝宣伝でした。

 市会報告を配りながら、法定協議会をめぐる異常などについて報告。あわせて

 6日、9日の原爆の日も間近。開催されている原水禁世界大会に思いをはせながら、「集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回を!」「憲法9条を守り、広げ、世界の平和の秩序構築への貢献を!」とお話ししました。

 終わってから「お騒がせしました」とご挨拶に回ると、氷入りの冷た~いお茶を用意してくれているお店がありました。

 ありがたくて、嬉しくて、今日は一日、何があっても耐えられる! と思えるほど元気をいただきました。

橋下市長に公職の資格なし   市議団そろい踏み

市議団宣伝暴言・オスプレイ問題・市民いじめ・都構想。広がりつつある市民の怒りをいっそう大きくしたい。そんな思いから18日夕方、市役所前で議員団全員で宣伝行動。

昨年の総選挙の時とは通る人の空気が違うよう。「頑張れよ」の声かけも多く、御堂筋を通る車からも声援が。準備していた5月議会の市会報告も早々となくなりました。昨夜、思いついて「明日宣伝します」とツイートしてみたのですが、その中で「日本共産党大阪市会議員団8人(ちょっとさみしい)そろって」とつぶやいてしまいました。それをご覧になった方が「さみしくてはいけないと思って」と応援に来て下さいました。これまでは他党を支持しておられたそうです。「都構想は絶対に許せない。共産党、ほんとうに頑張って」という真剣な表情に勇気をいただき、責任を痛感しました。

メチャクチャですみません

今朝は京阪野江駅で早朝宣伝。実は久々です。面目ございません。

憲法がかつてなく危険にさらされている時。自民党や維新の会、そしてマスコミによる「日本は改憲のハードルが高すぎる。まずは96条を」という動きや宣伝の、うそとごまかし、危険性を訴えたつもりですが・・・。ついつい大阪市で横行している憲法違反を口にしたくなり、話はアッチコッチ。我ながら何を言っているかわからない状態。もし、聞いて下さっている方がおられたら、メチャクチャですみません。

野江駅

 

 宣伝の後、お騒がせしたお店の皆さんにご挨拶に伺いました。「油やらが値上がりして大変でしょう?」とお聞きをすると、「そうですねー。上の方ばかりよくなっても、なかなかおりてきません」と。

上がよくなって下も潤う時代は終わりました。賃上げや社会保障の充実などで、直接、庶民のふところを温めることこそ、今、求められています。まして、消費税の増税はとんでもない!  そんなお話をして失礼させていただきました。