新着情報

カジノより防災・減災を    一般決算特別委員会

 11日は大阪市会決算特別員会で質疑。持ち時間は1人50分で、日本共産党からは私1人だけ。課題はたくさんあるけれど、「カジノより防災・減災」をテーマに質疑しました。
 「何がなんでもカジノ。万博までにカジノ」という異常なカジノ前のめりを批判し、背後に膨大な人口を抱える横浜が手をあげたとたん、大阪でのカジノを標榜する事業者が激減し横浜へと鞍替えしたことで、カジノのターゲットが国民であることがはっきりしたのではないか、と認識を聞きました。なにを聞いても、カジノについてはまったく触れず「世界に類をみないエンターテイメント」を有する「最高水準のIR」という絵空事を繰り返すIR推進局。きれいごとを並べても核はカジノ。何千億ものお金が、国民・市民の懐から消えてしまう上に、ギャンブル依存症を深刻にするカジノなど、地方自治体のすべきことではありません。

 こんなムダな巨大開発はやめて、待ったなしの防災・減災に注力すべきです。湾岸部の防潮堤のかさ上げや、浸水対策などのハード面とともに、救える命をしっかり救うソフト面の備えについて質疑。日常的な活動も、発災時の避難や安否確認も、地域の力なくしてはできません。地域の皆さんは必死で頑張って下さっています。

 その一例として、地元・城東区の鴫野地域活動協議会の取り組みを紹介。鴫野地活協作成の「防災マップ」は、地域の皆さんが実測された地盤高が書き込まれ、川より地盤が低いところはどこかが一目でわかるとともに、避難所や防災倉庫はもちろん、消火器・AED・防火栓・防火水槽・公衆電話などなどがどこにあるのか、車止めがあって行き止まりのところはそのカギがどこにあるか、どの防災倉庫には何が備蓄されているか、など、地域の防災上の情報がすべて盛り込まれています。

 発災後、無事な方に自ら掲示していただくための「無事です」ステッカーを全戸に配布されていますが、これも、本当に必要な方の安否確認について真剣に考えられたからこその知恵です。要所要所の電柱には、想定浸水深のシールが貼られていますが、すべて地域の皆さんの取り組みです。
こうした地域からしっかり学び、地域任せにせず行政がやるべきことはもっとあります。同時に、大きな役割を担っていただく地域が、温度差もさまざまで、多くが疲弊しています。全国の自治体が、地域活動活性化のためにいろいろな模索をしています。東京特別区では、町会への支援を区の責務と定め、町会の事務に職員を従事させるなどの人的支援をする、などの条例をつくる区が出てきています。また、職員による地域担当制を重視して、思い切って職員を地域に張り付かせ、職員が地域とともに汗をかくことで、地域目線の自治体になっていく。そんな取り組みも増えています。
大阪市では、補助金と中間支援組織の仕組みだけつくり、後は完全に区任せです。この間の検証とともに、新たな模索をしなくては。私はかねがね、大都市・大阪で、地域と本気で向き合うために、1小学校区に1~2人の職員を配置して、地域と苦労をともにし、地域と行政をつなぐようなことをやってみるべきではないか、と考えています。そのことを提案し、大阪市をなくすことにかけているエネルギーを、そうしたことにこそ振り向けるべきだ、と申し上げ50分の質問を終えました。

市民おきざりの極みです    第28回法定協議会

 決算委員会が始まりました。私は日本共産党からたった1人の委員として、50分という持ち時間をどう使うか、「カジノよりくらしを、防災を」という皆さんの声をどう届けるか、やりがいがあるとはいえ、頭の痛い思いをしています。

 そんななかでも、昨日5日、第28回の法定協議会が開かれました。決算準備に追われて、とっても雑なレポートになることをお許しください。インターネットで録画をご覧いただけますし、それほど日をおかずに議事録も出ますので、どうか詳しくはそちらをご参照下さい。

 府と特別区、そして一部事務組合と“三重行政”になる“都構想”。議題の一つはその役割分担についてでした。

 ニア・イズ・ベターをうたい文句にしながら、「介護保険は一体でやった方がいいから一部事務組合で」といとも簡単に言う知事、市長、維新の議員。私は大阪市の廃止・分轄には反対ですが、仮に分割するとして、こんなにも身近なことを自分たちで議論し決めることもできなくて何がニア・イズ・ベターか、と意見を表明させていただきました。推進派は口をそろえて「介護保険料にバラつきが生じてはいけない」と言います。「大きな大阪市で一律のサービスをしているから駄目だ」「地域の実情に応じた住民サービスを」と言って、まさにバラつきを作ろうと言うのが大阪市廃止・分割=“都構想”なのではないでしょうか。やっぱり支離滅裂です。

 もちろん、どちらがいいかは議論が必要ですが、この問題だけでなく、「住民サービスの維持」も「財源配分」もスケジュールありきで深い議論もせず、方向性とやらをどんどん決めていくやり方。いくら公明党の約束を取り付けたからと言って、あまりに乱暴。市民おきざりの極みです。

ともに老いる絆    高齢者作品展

 城東区老人クラブ連合会主催の「高齢者作品展」が開かれました。今年で18回目だそうです。

 特別委員会があるので、あわただしく一回り。

 小学校区ごとに展示された各コーナーで、地域の方がそれぞれの作品の苦労話を、まるでご自分の作品のように解説してくださいます。地域でともに老いていく仲間同士の絆みたいなものを感じて、何だか胸が熱くなりました。

 「大人のぬりえ」のコーナーの七福神の可愛らしい笑顔。こんな顔して暮らさなくちゃ、と思わされました。

生きてさえいれば絶望はない   社会福祉大会で金澤泰子氏の講演

 今日は大阪市社会福祉協議会主催の市社会福祉大会に行ってきました。

 市議会からの来賓は民生保健委員会の皆さん。私は該当しませんが、第2部の金澤泰子氏の講演をどうしても聞きたくてお願いして、第2部だけお邪魔しました。

 決算委員会や法定協議会が迫っていてバタバタで出にくくて、参加を躊躇もしましたが、ほんとうに行って良かった。

 娘・翔子さんがダウン症の告知を受けて、一緒に死のうと思った時から34年。「私は世界一可哀そうな母親だ」と日記にかいた氏が、いまでは世界一幸せな母親だと思えるようになったという、翔子さんとの来し方を淡々と話されました。

 学校とのトラブルなど、しんどいことに見舞われる度、いつもその時を過ごす手段は書だった。学校に行けずひたすら「般若心境」を書いた日々。通うはずだった作業所に、これまた学校とのトラブルで行かないと決め、とにかく一度だけ、この子の書を見せようと開いた個展が大反響となったこと。「闇の日がなければ、いまのように書家として生きる翔子はいなかった」と何度も言われました。

 翔子さんの書を見て涙を流す人がいたり、「死のうと思っていたけれど、翔子さんの書を見て思いとどまった」という手紙が来たりすることについて、なぜ翔子さんの書にはそんな力があるのか、と考え続けたと康子氏。たどりついた答えは、社会通念や競争のなかに自分を決しておかない翔子さんにとって、大事なことはただただ「みんなに喜んでもらいたい」しかない。その純度の高い魂が、そうした書につながるのだと。

 生まれた時、医者に「知能がなく歩くこともできないかもしれない」と言われた翔子さんが、いま、一人暮らし5年目。商店街の真ん中に住んで、商店街みんなに支えられながら、逆に地域を明るくして、地域になくてはならない存在になっている様子を、たくさんリアルに語られて、「世の中に不要なものはない」「どんな人にも尊厳がある」と。

 とても書ききれませんが、これほどの感動はそうそう味わえるものではないと思うほどのお話でした。
「生きてさえいれば絶望はない」これが結びの言葉でした。
企画された市社会福祉協議会にお礼を申し上げます。ありがとうございました。

 

特別区はどうでもいいんですか   法定協議会

 第27回法定協議会。たった2時間で区割り、区の名前、本庁舎の位置、地域自治区役所の名前、庁舎を作らず合同庁舎にするというコスト削減、議員定数などを、委員間討論で方向性を決めてしまおうという、スケジュールありきの会議の設定。

 しかも、中之島の現市役所を共同利用するなんていう話は、今回初めて俎上にのった話です。
区割りや区名、庁舎の場所などは、どうであろうが“百害あって一利なし”という立場なので、議論に参加はしませんが、中之島庁舎をみんなが使うなどという「特別区なんてどうなろうが知ったこっちゃない」と言わんばかりの提案には、黙っているわけにはいきません。現24区役所に本庁機能を分散させたうえに、入りきらない職員は中之島。区民は何が何だかわかりません。庁舎がその自治体の域内にない自治体は極めて稀な離島だけ、という答弁には傍聴席からも笑いが。何が中核市並みでしょうか。

 私は「知事・市長はこれまで大阪市廃止・分割のコストは“必要なコスト”だと言ってきたのに、コストをかけるのはもったいないという程度のものになったのか。特別区はどうでもいいのか。住民投票をするというなら、従来の主張通り、中核市並みにするためにはこれだけコストがかかりますが、より良い大阪を作るためのコストです、と説明して、市民に問うべき」という趣旨のことを発言させていただきました。

 予想通り、委員間討論と言いながら、どんな意見が出ても、結局会長が「(維新案の)この方向でいきます」とまとめてしまう。庁舎をつくらない、という大転換もこれで議論は終結。30分もかかっていないのでは。ひどすぎる。怒りと暗澹たる思いがあらわれた、ふてくされたような顔の写真しかありませんでした。

伝えられたでしょうか?  福島区つどい

 昨夜は福島区にお邪魔して、「都構想、カジノで大阪はどうなるの?」と題した市政報告をさせていただきました。

 大昔(1996年)に小選挙区の候補者としてお世話になった地ではありますが、お顔触れもずいぶん変わった感じで、存じ上げない方がかなりおられました。ああ言えばよかった、こう言うべきだった、とクヨクヨ考えてしまうのはいつものことですが、地元とちがって、継続的に状況をお伝えしていない方たちにお話しするのは、いつも以上に不安があります。どこまで伝わったでしょうか。

 4月の選挙後の力関係の激変で、不本意ながら「住民投票まで1年」と覚悟しなければならなくなった今、維新を好きだという人にも、ほんとうに大阪市をなくしていいのかを立ち止まって考えてもらえるような、冷静な働きかけが大量に必要です。地域からそんな動きをあちこちで起こしていきたい。そんな思いが伝わったことを願います。

 いくつか質問やご意見ををいただきました。

 「政党支持の違いを超えた動きをどうしたらつくれるか」というご質問。まさにそれが一番大事。大急ぎで、みんなで知恵を出し合いたい、と心から訴えました。

 区の広報誌を使って、まるで“都構想”を推進するような広報がされていることに抗議のメールを送っても、“行政として当たり前のことをしている”と言わんばかりの回答しか返ってこない、という怒りのご意見。私も同じことを言い続けていますし、維新以外の会派がいろいろな形で広報の仕方がおかしい、と指摘を繰り返していますが、副首都推進局はまったく聞く耳を持ちません。市民や議会が何を言おうが、市長の言うことだけを聞く。住民全体の奉仕者ではなく、市長の私兵となっている副首都推進局のあり方にあらためて怒りがこみ上げました。

 教育の問題に一番関心がある方、「公文書館」はどうなってしまうのか、とおっしゃる方、などなど、ご質問やご意見は実に多岐にわたります。これから「大阪市をなくさんとって」のムーブメントをおこしていくうえで、いろんな人の興味や関心に合わせて、いろんな人がいろんなことをしゃべらないといけないなあ、とつくづく思いました。