ブログ

社会進歩への一歩一歩  宣伝/福保労財団分会60周年

SN3J0400 25日、午前中は女性後援会の皆さんと宣伝カー。乗用車も1台つけて、6人の女性が代わるがわるアナウンサーの練習かねて、とのことですが、皆さん、ご立派! 私は参加できていませんが、この間、ずっと続けてきた成果でしょう。どんどん上達しておられることに、日々の積み重ねの尊さを痛感。演説も私より上手だろうな、と思いつつ、そこは一手に引き受けて・・・。

 とにかく、「都構想」の住民投票について、です。

 「大阪市廃止解体構想、いわゆる“都構想”、どうお思いですか?」と問いかけながら、無力で、貧乏な特別区にするより、大阪市のままで、中身を変えよう、と訴えました。お天気も良かったからでしょうか。聞いて下さる方の多さに励まされました。SN3J0402

 わざわざ聞きに出て下さった散髪屋さんに演説後、伺うと、「お客さんたちもみんなさっぱりわからないと言っている。どうなるんですか?」と。待っている車を気にしながらたっぷり対話。「わかりました。反対、と書きます」と言って下さいました。いろいろなパフォーマンスも必要ですが、1軒1軒、1声1声、1人1人、1歩1歩の積み重ねも大切。早く、一人でも多くの人が、この1歩、この1声に参加していただけるようにするのも、私の大事な仕事です。

 

 午後は、「福祉保育労働組合 大阪福祉事業財団分会の60周年」にお招きいただきました。

 「都構想のこともあるので挨拶を」と、大先輩の皆さんを前にご挨拶をさせていただきました。緊張はここまで。30年前、短い間でしたがお世話になった職場。本当に久しぶりにお目にかかる方もあり、ひたすら懐かしく楽しく過ごしました。

 圧巻だったのは、84歳と85歳になられた財団草創の頃を知るお二人によるスペシャル対談。お一人は、私の在職中の理事長さんで関目学園職員組合の初代書記長の富永先生、もうお一人は、大阪労連の初代書記長もなさった一法さん。

財団分会2 子ども時代がずっと戦争だったお二人は、平和と基本的人権をうたった憲法ができた時の喜び、慈善事業から権利としての福祉へと進んだ社会進歩の道のり、60年間、福祉に携わってこられた誇り、などをそれぞれ語って下さいました。

 富永先生の「人はみんな、赤ちゃんからお年寄りまで、障害をお持ちの方も、幸せに心配しないで暮らしたい、と望んでいる。そのお役に立つのが福祉の仕事」という言葉。まさに私の政治信条です。地方自治体でありながら、政治的なかけひきばかりになっている大阪市。「政治とは、赤ちゃんからお年寄りまで、すべての人が、安心して輝いて暮らす手助けのためにこそある」この初心を思い起こしました。

 一日も早く、そいうい議論に集中できる、大阪市と市会にしなくてはなりません。

草の根の宣伝、大急ぎで

 1月18日は、新婦人城東支部の大会と、城東民商婦人部の新年会。女性の集まりの日でした。

KIMG1521 新婦人の大会には、大きな荷物持参の方が。何が始まるのかと思っていたら、都構想の問題点を短い言葉で表したパネルがたくさん。会場のあちこちに立てかけて披露して下さいました。KIMG1522

 どちらの集まりでも、市民にとって「百害あって一利なし」の都構想、住民投票でピリオドを打ちたい。そのためにも、地方選挙で勝利を、とご挨拶させていただきました。10451779_591348587662836_1529227390324968389_n

 今日は、寒い中、仲間たちが各地で宣伝を行いました。一方で、直接請求の署名も各地でやられています。テレビなどの力も借りた「都構想はバラ色」「いっぺんやってみたらいい」「今よりはよくなる」という宣伝に、負けないような、草の根の、工夫をこらした宣伝や対話を、大急ぎで広げていかなくては。

 

今日もしゃべりました   中浜つどい・医師会互礼会

 阪神淡路大震災から20年。あの日の怖さを思い出します。新聞やテレビで、失われた命、助かって20年を歩んだ命、さまざま報じられています。あらためて、命を貴ぶ政治と社会を築きたい、との思いを強くしました。

2015.1.17中浜つどい 今日は、中浜地域でつどいを開いて下さいました。常連さんにまじって、初めての方も何人か。コツコツとつながりを広げて下さっている仲間の皆さんに感謝の思いでいっぱいです。

 厳しい選挙ですが、この方々を信頼して、この方々と手を携えて頑張ろう、と、思いつつ、市民を不幸にする都構想の中身をお話しし、何としても住民投票で大阪市廃止をくいとめたい、そのためにも日本共産党の議席を失うわけにはいかない、押し上げてほしいとご挨拶。

 「住民投票ってどうやるの」「わかりやすいキャッチコピーを」など、議論の花が咲きました。みんなの知恵を集めて、あっちでもこっちでも、「都構想ノー」の花を咲かせたいものです。

 

 夕方は、城東区医師会の新年互礼会にお招きいただきました。城東区の行事は当番幹事が挨拶するのが通例ですが、医師会の互礼会は、乾杯の後、全員一言ずつご挨拶の機会を下さいます。私より前にI議員が、都構想の住民投票の話をしたので、私も一言。「たしかに大阪市は間違ったことをしてきたけれど、だからといって5つに切断してしまうなんていう治療は乱暴すぎ。悪いところを治して、市民の命と暮らしを心配する市政にしていきたい」と、触れさせていただきました。

孫子のために、都構想も戦争も原発もストップを!

10891519_589898557807839_8563755221253967586_n 15日、年金者組合城東支部新春のつどいにお招きいただきました。

 人生の経験を重ね、お年はとられても意気軒昂な先輩の皆さん。地域の運動も、いつも先頭に立って下さいます。委員長さんは「年金者組合は運動3分、楽しみ7分が合言葉だが、都構想ストップまではそうはいかない」とご挨拶。あわせて、市民意見募集中の、介護保険の次期計画についての、おおいに意見を寄せることも呼びかけらえれました。

 私も、「孫子の代に恥じないよう、住民投票で都構想ストップを。そのためにも地方選挙での勝利にお力を」とご挨拶だけさせていただき、あいさつ回りのために、委員長さん手作りのお料理とお鍋を横目に、失礼させていただました。

 

 あいさつ回りは関目地域。お伺いする先々で、都構想の住民投票について質問して下さり、なかなか次へ行けない嬉しい悲鳴。楽しいハプニングもたくさんありました。

 なかでも、地域の仲間からの携帯への電話。「プール友達が集まってて、今、山中がこの辺を回っている、と言ったら、聞きたいことが一杯あるから呼んでと言われた。来てくれへん?」とのこと。まったくなじみのない方々との突然の小集会をさせていただくことが出来ました。1月15日関目で買ったお酒

 まさに、「都構想で暮らしはどうなる?」というやりとりをたっぷり。「“都”にならないんなら“府構想”や。府構想は不幸そう!」「みんなに言うていかなあかん」など、頼もしい味方を得た気持ちです。

 全部終わってから、ご挨拶に伺った先の1軒である、前から気になっていたお酒屋さんに、今度はお客さんとしてブラリ。「戦争と原発だけはなくして下さい。自分が死ぬときに、子どもの未来は安全だと思って死にたい」と必死で話してくださる奥さんとまたいろいろお話ししながら、その方お薦めの2本を購入。夜の楽しみが出来ました。

若い皆さんと

若者 元城東区在住、今は和歌山で頑張っておられるUさんに紹介していただいた、24歳のfb友達がいます。

 会いたいな~とオファーしたら、会ってもいいよ、とお返事をくれて、今日、事務所へ来ていただくことに。

 「心細いので友達つれて行ってもいいですか」と連絡があったので「もちろん」とお返事。

 こちらは、民青府委員会と、「しんぶん赤旗」の若手記者さんに援軍をお願いしました。

 友人2人と一緒に来所してくれて「こんな所へ来て何されるかと思った」と、緊張の面持ち。こちらも緊張しています。

 「政治はわからん」「自分の1票なんて、何にもならないと思っている」という彼らと、新鮮な思いで、働き方や政治の話をあれこれ。

 普段は、仕事や遊びで手いっぱいで政治に関心はなくても、話していると、疑問や驚きが生まれていくのがわかります。

 このご縁を大切にお話しする機会をつくり、彼らから吸収し、彼らがわかる言葉で話せるようにならなくちゃ。とっても楽しい時間でした。

勇気をいただきました! 「党と後援会 大集合!」

IMG_2950 1日、城東区の「党と後援会 大集合」という集会を開かせていただきました。

 あいにくの空模様でしたが、会場いっぱいの方がお越し下さいました。

 このところずっと、議会対策が私にはこなしきれないほどになっていて、仲間と地域を回る機会がもてない日々です。来春の選挙に向けて、焦りも募っています。

 第1部で、いくつかの地域・団体の後援会の活動報告を聞かせていただきながら、また、お集まり下さった皆さんと握手を交わしながら、焦らずとも、この方たちに依拠して、やるべきことを一生懸命やろう、と、勇気をいただきました。

 今回は、市政と市会が大きな山場を迎えているなかでもあり、30分という時間を頂戴して、市政報告をたっぷりさせていただきました。

★ 「百害あって一利なし」の都構想にしがみつくしかない橋下市長の行き詰まりの現状

私たちの改革は

★ カジノやなにわ筋線などのムダ遣いをいっさいやめ、社会保障の充実と住宅リフォーム助成条例など地域経済の振興で庶民のふところをあたためる――市政の中身の改革

★ 区政会議の位置づけ強化など、区民の声が届く仕組みづくり

といった柱でお話しし、「これまでのどの選挙より厳しいけれど、何としても勝ち抜かせてほしい」と、心からのお願いをさせていただきました。

 カメラマンは、ほぼ強制的に引っ張っていった娘です。

IMG_2976

IMG_2936

Page 3 of 912345...Last »