新着情報

福祉の心のない“都構想” 誰も幸せにはなりません

野江ラスト 31日は京阪野江駅からスタート。「大阪市廃止・分割ストップ」の訴えとともに今朝はどうしても沖縄の新基地建設強行をめぐって力が入ります。

 県民の総意を屁理屈でねじふせるやり方。沖縄の皆さんの怒りと悔しさ、政府のひどさを思うと涙がこみあげ思わず♪沖縄を返せ♪と歌ってしまいました。怒りの余りとはいえ朝っぱらからアホなことをしたと悔いながら、「この国の主人公はだれなのか、民主主義はどこへいったのか」渾身の怒りをこめて沖縄に連帯する思いをお話ししました。

 選挙のずい分前から立ってきたこの駅も告示前は今日が最後。いつものお店に「いよいよです。お世話になります」とご挨拶に上がりました。がんばってがんばって勝利して嬉しいご挨拶に伺いたいです。

 関目宣伝1昼間は北の地域、夕方は南の地域でハンドマイク宣伝。「暑い中ご苦労さまです」というねぎらいには面喰いましたが、たしかにポカポカ陽気。「ガンバレ」と言って下さる方も多く、10年以上ぶりという方にも数人お目にかかり、楽しい時間。

 ビラを配っていると「(都構想に)賛成派? 反対派?」と聞かれ「反対です」と答えるとビラを受け取ってくれたという報告が2回。逆に「民営化せなアカンのや! 収入が関目宣伝2減るとか小さいこと言うな!」と怒鳴り散らす方も。「大阪市をつぶす」という無茶な住民投票のせいで、街の人たちが二分され対立的な雰囲気が生まれ始めているようです。誰も幸せにならない住民投票。やっぱり避けるべきだったと思わずにはいられません。

 今日は古巣の福祉職場が昼休みの決起集会を開いてくれました。貴重なお昼休みに駆けつけてくれた福祉労働者の皆さんに、いわゆる“都構想”で福祉がどうなるか、かいつまんでお話しさせていただきました。

 高齢者や児童や障害者の福祉は特別区が担うとなっているけれど、財源の裏付けもなければ、具体的にどう展開していくのかはまったく考えられていません。保育所・特別養護老人ホーム・障害児者施設は、特別区を越えて利用できるのか。児童相談所は各特別区につくると言っているけれど、児童福祉士などの専門家も足りず、乳児院などの受け皿施設も全区にあるわけではありません。受け皿施設のない児童相談所が果たして機能するのか。どれだけ問いただしても答えのないまま住民投票を迎えます。

 福祉のことなど1ミリも考えていない“都構想”。市民みんなが被害を受けますが、とりわけ弱者には混乱と困惑が待ち構えています。年々現場は厳しくなるなかですが、利用者を守るために福祉労働者として“都構想”阻止のために奮闘していただくことを心からお願いしました。

寝ても覚めても「We Say NO!」

今朝もり 30日は森之宮駅からスタート。公示前、この駅に立つのはこれが最後です。いつも応援して下さる方とは「いよいよです」と握手。

 医療生協で頑張っている岡本こうし府政対策委員長のご縁で、森之宮駅と接している中央区や東成区の方が大阪城公園でのラジオ体操帰りにビラまきに参加して下さいました。「大阪市廃止・分割」のもとでは大阪城公園は、鶴見緑地などとともに府に移管されます。「大阪全体の成長、都市の発展及び安心・安全に関わる」から、とのことですが、周辺住民の憩いの場です。民間資本をどんどん入れて好き勝手なことをされてはたまりません。 

 そして今日も今日とて市役所へ。

 住民説明会で配布する「協定書への反対意見」についての調整のためです。連日この問題で登庁しましたがたぶん今日が最後です。ということは選挙前、最後の登庁。書類が山積みの机を見ながら「片付けようか」とも思いましたが、時間もないし縁起が悪いような気もしてそのままに。片づけもせず去る以上、必ず戻って来なければ。

井筒さん 控え室にいた時来客が。先日大阪革新懇さんが「We Say NO!」の缶バッジを100個ご注文下さったのですが、憧れの井筒百子さんが革新懇の事務所へ行かれる途中に、市役所に受け取りにお立ち寄り下さいました。憧れの人に思いがけずお目にかかれて舞い上がった私にプレゼントまで下さいました。七宝焼きのストラップは井筒さんの手づくりとのこと。大切にします。

どんぐり半 地元に急ぎ戻って放出地域をひたすら歩き、夜は新婦人どんぐり班の班会にお邪魔して「大阪市廃止・分割」のお話。班会の時間を頂戴しているのでなるべくコンパクトにと思っていたのに、相槌やら「ひど!」「エッ!」などの合いの手やらが多いのでつい調子にのってちょっとしゃべり過ぎかな、と思いながら、汗だくになって40分もしゃべってしまいました。武器であるおしゃべりでみんなが語り広げる人になってくれますように。「We Say NO!」の缶バッジやエコバッグもたくさんお買い上げいただきました。

 こんなに集まることはめったにないという班の皆さんの了解をいただいて記念の1枚。

頑張り甲斐のある選挙です

IMG_2359IMG_2336 29日、清水ただし衆議院議員を迎えてイズミヤ前で街頭演説会。

 朝から生憎の本降りでしたが、100人を超える方がお越し下さいました。足を止めて下さった方が「今度は共産党に入れる」と言って下さるなど、頑張り甲斐のある選挙です。

 IMG_2373 雨が上がりかけた午後は宣伝カーでスポットして回りました。途中から晴れ間も。

 あちこちで桜がきれいな花を見せてくれています。今年のお花見は宣伝カーで堪能することになりますね。

 今日も娘がアナウンサー。だいぶ上達したと喜ぶ親ばかです。ステッカー

 マンションからわざわざ降りてこられ方が「これ作りました」とWe Say NO!5.17 Osakaのロゴのステッカーを下さるなど、たくさんの嬉しい反応。2つの選挙の勝利めざして、間もなくたたかいの火ぶたが切って落とされます。

止まらぬ涙は武者震いのかわり?  3.28緊急市民行動

3.28きれい版 「えらいこっちゃ!大阪市がなくなるで!」3.28緊急市民行動。地元の約20人の皆さんとご一緒に参加しました。

3.281 集会では自民党市会議員団の柳本幹事長、OSAKAみらいの福田幹事長とともに、大阪市をなくしたらあかんの一点で右から左まで集まっている嬉しさをこめてご挨拶させていただきました。

 

3.282 淀屋橋から難波まで、「日本共産党」の幟のもとドラムに合わせて「大阪つぶす都構想反対」「大阪こわす市長はいらん」とコールしながら歩きました。地元から来られた方の中には80歳前後の方も数人。皆さんが元気に歩き抜かれたことに驚くとともに心からの敬意、です。

 デモ行進で前方にひるがえる「自民党」の幟を見ていて不意に胸がいっぱいになりました。「日本共産党」と「自民党」が同じ隊列でデモする日がくるなんて。止まらぬ涙はなぜなのか。「大阪市をなくさせてなるものか」の一点で相談を重ねた日々がよみがえり、いよいよ決戦の時を迎えて、「マケテタマルカ!」の思いがあふれだしたような気がします。

 2つのたたかいに必ず勝利して、正常な環境のもと、市民にあたたかい新しい大阪市をつくりたい、あらためて心に誓いました。

 この場を準備下さった「民意の声」さんと「えらいこっちゃの会」さんに感謝します。3.284

危機感も緊迫感もヒシヒシと

11070175_358617321009479_5664374512853383767_n 今朝は鴫野駅からスタートでした。

 10906026_358617247676153_5025922460343033290_n自転車で通りかかった男性が「共産党ががんばらな。10年後には徴兵制やで」と大きな声。戦争する国づくりへの危機感がヒシヒシと。告示まで1週間、わざわざ握手をしに近寄って下さる方も増え「いよいよ目前」の緊迫感を実感しました。

 いったん登庁して他の会派の皆さんと住民投票関係の相談。なんと告示まで1週間なのに来週も相談は続きます。

  夕方、鴫野橋で宣伝。京橋から南方面へ帰宅されるたくさんの人たち。「頑張りや」とお声をかけて下さる方の多さにビックリ。嬉しい1時間でした。

 気を良くして夜の集いへ。古巣である福祉職場の女性の集まりです。地方選挙も住民投票も勝たせてほしいと、資料を準備して「大阪市廃止・分割」の話をしたのですが、あらためて障害者・高齢者・児童の福祉施策が具体的にどうなっていくのか、はっきりしていることは何一つないことを痛感。福祉の視点がどこにもない“都構想”です。小さな集まりでしたが、懐かしい人たちにも会え、存じ上げない方から「大変なことだとわかりました。私は何をしたらいいですか?」と真剣な問いかけも頂きました。一人の嘘つきスーパーマンに勝つためには、この積み重ねでほんとうのことを必死で語る人を増やすしかありません、それも大急ぎで!

喜びも、ストレスもたくさんあります

11011251_623477524449942_5167830836491093275_n 今日女性2先週末の暖かさはどこへやら、寒い日が続くなか、宣伝や対話に取り組んでいます、と言いたいところですが、なかなか十分に時間がとれなくて悩んでいます。

 今日は地元活動に集中できる日でした。今福鶴見駅での朝のごあいさつに始まって、女性後援会の皆さんと総勢19人でのハンドマイク宣伝、訪問活動など、たくさん歩き、たくさんの方に出会い、たくさんの励ましをいただきました。

 そうやっているととっても楽しいのですが、戻れば、例の問題が待ち構えています。

 5月17日の住民投票に向けて大阪市が全戸に配るパンフレットの内容を巡っての対応です。あまりに偏った内容。市長に「公正な物に」と申し入れても、要望をのんだような顔をしておいて、後出しジャンケンみたいに妙なものを付け加えてくる。最後には、「市長の権限。訴訟のリスクも僕が負う。僕はこれをやりたくて出直し市長選挙をやったんだから、ダメだと言うならあの時候補者を立てれば良かった」の一点張りでお話になりません。

 地元の皆さんと一緒の宣伝、対話の楽しさと、住民投票のパンフ等を巡るストレス。両にらみで、どちらも全力をつくすべし、というところでしょうか。

 申し入れや相談を続けていますが、「不適切かもしれないが違法とは言えない」という弁護士の意見を後ろ盾に発行を強行するようです。住民監査請求などは視野に入れながら、やっぱり彼らを凌駕する運動をするしかない、とあらためて腹をくくっています。浅野さん

 今日の「しんぶん赤旗」に民意の声の浅野秀弥代表のインタビューがのりました。「その通り、その通り」と何度も思うとても良い記事。日本共産党とはまったくご縁のなかった方が「大阪市廃止許すな。橋下市長のムチャを許すな」の一点で「しんぶん赤旗」に登場して下さる。その思い、意気込みをしっかり受け止めて、みんなと一緒に死力をつくそうと思います。