お天気も仲間もありがたい、ありがたい

2月緑橋 23日は、地下鉄緑橋駅でご出勤の皆さんにご挨拶。昨夜から雨が降り出して心配しましたが、朝には上がってくれました。議会日程が詰まって、朝宣くらいしか参加できない身としては、“夜のみ降る雨”はありがたい。また、今朝はずいぶん暖かくて、それもありがたい。

 朝宣に来られたМ井さんが、昨日の演説会での娘の司会について「昨日の司会は今までの司会の中で一番良かった」。ほめすぎと思いながら、親バカさんは有頂天! でもちょっと待てよ。私も国政選挙で何回か司会をしたような・・・。まあ、わが子が自分より出来が良いのは嬉しいものです。

市議団懇談会2 今日は市役所で、私たち議員団と団体・地域の皆さんとの懇談会。予算市会に向けて毎年開いていますが、いよいよ大阪市の存廃が山場を迎えています。「大阪市廃止・分割」の住民投票をめぐる動きなどを中心にした報告をかねて冒頭にご挨拶。途中、議会対策の打ちあわせのため抜けさせていただきましたが、地域や団体の皆さんから、大阪市廃止や、市政のさまざまな問題についていろいろ質問やご要望をいただいたようです。(この懇談会の写真は、地元城東から来られた年金者組合のN居さんが送って下さいました。こうしたご協力がほんとうにありがたいです。)

 27日の代表質問も近づきました。そろそろお尻に火が・・・。先輩や仲間のありがたい協力を得て質問準備中ですが、バタバタした日々。少し慌てています。

わき目もふらずに走り抜けよう

山中 22日、城東区民ホールで日本共産党演説会を開かせていただきました。

 成功するかどうか心配でしたが、会場いっぱいのご来場をいただきました。のどか

 私のもう一つの(ひょっとして一番の)心配は娘が司会を無事つとめられるか、ということ。家を出る前から「緊張する」「のどが渇く」と言ってましたが、笑顔で元気にやってくれました。心底ほっ。

 4月の地方選、5月の住民投票めがけてわき目もふらずに走るのみ、です。

みんな

もっと早くもっと強く「大阪市なくすな くらし壊すな」の声を

 2月蒲生20日は蒲生4丁目での朝のご挨拶から始まりました。岡本こうし府政対策委員長と蒲生・鯰江地域の後援会から7人の方が。寒い朝でしたが、皆さんと一緒です。寒くなんてありません!

 その朝宣で渡していただいた Save Osaka のロゴを使ったエコバッグ。「寄ってたかって大阪市廃止・分割にストップを!」の思いからさっそく女性後援会のU田さんが作って下さいました。11014988_346688215535723_7644887249272588775_n

 このロゴを目印にみんなが「大阪市をなくしたら、えらいこっちゃ」とワイワイ言えば、手ごわい人気者のスーパーマンも怖くない! ととっても嬉しくてフェイスブックに投稿したら「京都で手に入れるにはどうしたらいいですか?」という問い合わせをいただきました。「とりあえずの試作なのでまだ大阪でも手に入りません」とお答えしながら、こんなにも立ち上がりが待たれている大阪の運動。早く、強く、広げなければ と思いました。

 10968310_346812428856635_7462808027695477800_n市役所に出かけて財政総務委員会。今日は「空爆被害者援護法の制定」「消費税増税反対」「労働者保護ルール」などなど国への意見書を求める陳情について、採択の立場で意見表明。

 委員会の前後は、何組か「反都構想、反維新」で頑張っておられる方々がお越し下さりお目にかかりました。日頃はかなりへだたりがあるだろう方とも新しい出会い。闘いの輪の広がりを実感しています。

52歳の♪い~まは山中♪ そして嬉しいプレゼント 

今福鶴見 今朝は今福鶴見駅で、岡本こうし府政対策委員長と地元のAさんとWさんと一緒に朝のご挨拶をさせていただきました。

 もう数人お出で下さったら、南側でもビラまきが出来るのに・・・とちょっと欲張りな感想。朝は皆さん何かと大変です。無理な欲はかきますまい、ですね。

  午前中、ちょっと時間がとれたのでハンドマイク宣伝。

 自転車で走る時は ♪い~まは山中 い~まは浜♪ のテープを流しながら。今シーズンはお初です。

 初めてやった16年前、母が泣いたことを思い出します。

 今回52歳にもなって、と躊躇もありましたが、地方選挙と住民投票に勝利するためにはどんなことでもやろう、と踏み切りました。娘は「票を減らす」と反対しましたが・・・。

今は山中 走っていても、辻々でスポットをしていても、たくさん声をかけていただいて、とっても楽しい1時間半でした。

 急に時間ができて思い立った宣伝、ご一緒いただいたU田さんご夫妻、ほんとうにありがとうございました。

 花粉が飛び始めたようです。市役所で委員会準備などしているとくしゃみと鼻水で悲惨な症状。薬を変えてもらわなければ、と決意するほどです。私が、グスグス言っていても、決して風邪ではありませんので、警戒しないで近づいて下さい。

 今日は女性後援会の皆さんから嬉しいプレゼントもいただきました。日頃、議会、議会でなかなかご一緒できていないのに、しっかりと手をつないで下さる。この団結と連帯と細やかさ。宝です。

「なくすな大阪市」の声を街じゅうに!  すてきなシンボルマーク

 

野江駅2月 17日、心配した雨も夜中で上がり京阪野江駅で朝のご挨拶をさせていただきました。集団登校の小学生が「おはようございます!」と大きな声をかけてくれ、心がなごみました。

 終わってから「お騒がせしました」とあるお店にうかがうと「わしは都構想はどっちもどっちや。あんたらが反対するのは議員の数が減るからや(←減りません!)。だいたい自民党と共産党が一緒にやるのがおかしい」とのこと。力のいる闘い。だからこそやり甲斐のある闘いです。

logo とにかく「これはえらいこっちゃ!」という人をどんどん増やしていくしかありません。

 政党、団体、主義・主張を問わず、「市民を不幸にする大阪市廃止はNО!」の声を上げるシンボルマークが欲しいと思っていたら、こんな提案をしてくれた方々がいます。迷っている人も「やっぱり“反対”と書きに行かなきゃ」と思ってくれる勢いをつくるため、ビラやポスター、のぼり、Tシャツ・・・このマークが街じゅうにあふれる日が早くくるようにお力をお貸し下さい。

公式ロゴもダウンロードできるサイトはコチラから↓

 http://saveosaka.com/

街頭宣伝中の電話にドキッ

 午前中は、女性後援会の皆さんと宣伝カー。

 スポットをする度に、運転手のSさんが通りかかる方に話しかけては「大阪市廃止・分割」について説得している模様。「関心なかったけど、とにかく反対って書きにいくわ」と言って下さった方も。握手をさせていただき「選挙もよろしくお願いします」。あらゆる形で一人でも多くの方と対話をしなくては。

 最後のスポット場所で訴えていると、携帯に娘から立て続けの電話。こんなことは初めて。80歳になる母に何かあったのかと心配で、演説をむちゃくちゃ端折って切り上げコールバック。

 「トイレがつまって業者の人に見てもらったら、トイレごと変えんといかんと言われた」。誰かが倒れたとかじゃなくて良かった、とホッ。80歳になるおばあちゃんと2人での対応は心細そうでしたが、新婦人の「大阪市廃止・解体」の学習会を控え、帰るわけにもいかず全権委任。何回か、困惑のメールを寄こしつつほぼ1人で対応をしてくれました。お疲れ様でしたね。というわけで、ボロボロのわが家の、トイレだけがピカピカになりました。

 新婦人の2つの班合同の学習会で「大阪市廃止・解体」について報告。「補聴器をつけたのでみんなの声が聞こえるようになって嬉しい」と切り出されたYさん。「会話が出来るようになったから、毎日公園に行ってこの話をします」と言って下さいました。

 知って知らせて、知って知らせてを積み重ねていく。地味でも、遠回りでも、これしかない。大きな広がりになるよう知恵と力を。 

Page 12 of 49« First...1011121314...203040...Last »