新着情報

会議あり、来客あり、都政新報あり

 10日は、幹事長会議で登庁。辞職が迫った議長の後任について、大きな会派の意向がまとまらないらしい。
 本来13日が会期末のところ、17日まで延長して議長選挙をする予定ですが、それまでに方向性が出ない、なんてことだけは勘弁してほしいものです。
 
 お昼は、女性後援会のUさんとYさんが打ち合わせに、わざわざ市役所まで来てくれました。
 300円のランチを食べながら近況報告。食べる口もしゃべる口も忙しく、楽しい時間を過ごしました。
 肝心の打ち合わせ。2月、女性後援会で「都構想」の学習会をして下さることに。
 少しでもわかりやすくお伝えできるよう、しっかりと知恵を絞らなくては。
 
KIMG0774都政新報 控え室で購読している「都政新報」。12月6日付けが届いていました。
 来年度の都区財政調整協議が2日から始まった、との報道。区側は、防災備蓄経費や子育て支援関連施設の開設準備経費などについて新規算定を求めるなど120億円のプラス算定を提案。「防災や子育てなど、特別区にある喫緊の課題に対応する算定の改善を求めていきたい」と話しているとのこと。
 一方、都側は125億円のマイナス算定を提案。
 また、毎年もめている財政調整交付金の配分割合も、区側は特別交付金を2%に引き下げるよう求めているとのこと。
  都と区が、互いの言い分を主張しあう協議が、毎年毎年、際限なくつづくのです。
 
  「自立した一人前の基礎自治体になりたい」という、区の嘆きが聞こえてきそうです。

無駄も必要、人生は

KIMG0768年賀状本こんな面白いオモチャがあるとは知りませんでした。

「世界一かんたん年賀状」。

雑誌についているCD-ROMをつかって、年賀状をつくる、今の時期、書店にいっぱい並んでいるモノです。

そもそも、世界一って、どういうこと? 年賀状がある国って、日本のほかにどこ?

などとひやかし半分で手にとってみたのですが

予想の100倍簡単で、想像の1000倍面白い。

気がついたら4時間も遊んでもらいました。

何種類もつくって、つくっては手直しして
面白すぎて寝られない

公選法に縛られる仕事に就いてから(就いたのをいいことに)
賀状のやりとり、すごく減っているのに
この何種類もの年賀状デザイン、使い道があるのでしょうか。

人生には、時に、無駄も必要です。

法定協議会→都構想の講演   都構想づけの1日

DSCN4518_s12月6日法定協2 6日、都構想づくりの「特別区設置法定協議会」でした。

 新たに「財政シミュレーション」とやらがつくられ、事前に提示される予定でしたが、間に合わず、6日当日配布となったため、ほぼ説明だけで終わりました。

 これから検討して、20日の協議会で実務的な質問となりますが、ざっと聞いた段階で感じたことは

 これまでの大阪市の収支見通しは、補てん財源は使わない、新たな借金はしない、などのの前提をつくり、「財政が厳しい、厳しい」と言ってきました。今回のシミュレーションはそれをすべて覆して、めぼしい土地は全部売り、借金もし、貯金にも手をつけるものになっています。

 また、地下鉄・市バスや水道、ゴミ収集など、議会が同意していない民営化や統廃合が、出来たことを前提にした職員数などを前提にしているらしく“絵に描いた餅”に過ぎません。

 こんな勝手な前提でシミュレーションをして、「5区案なら数年後には全区が黒字になる」と胸をはっていますが、同じ前提で大阪市1つのままのシミュレーションをすれば、「大阪市=財政難でお先真っ暗」なんて、とても言えないでしょう。こんなペテンに、騙されない議論と宣伝が必要です。

 さらに、市長は「7区はダメ。コストがかかりすぎる」と5区案への絞り込みを急いでいますが、もともと「基礎自治体の最適規模は30万人」というのが、都構想の出発だったはず。一番多いところで60万人にもなる5区案がいい、なんて言い出すこと自体、なんのための都構想なのでしょうか。

 5区といえども、大阪市のままより、運営コストがかかることはハッキリしています。なぜ、大阪市を空っぽにしてまで、こんな無駄なことをするのか。市民のくらしと地域をずたずたにする都構想を早く葬らなければ。

 

 新たなシミュレーションを消化できないまま、6日夜は、大商連へ。市内民商の集まりで都構想の話をさせていただきました。複雑かつ論点がどんどん変わる都構想。その危険さ、ひどさをどこまでお伝えできたでしょうか。

 

地下鉄民営化=「錬金術」 についての考察

2日間の一般質問が終わりました。このなかでも、何度も言っていましたが

この間、橋下市長が盛んに言い出した、地下鉄民営化=「錬金術」について、いろいろ考えています。

★民営化して、株として保有する(都構想のもとでは特別区に均等配分するそうです) ⇒ 資産価値となり ⇒ 売却して、新たなインフラに投資する

★地下鉄今里筋線の延伸も、その資産(株)を売却して、沿線の特別区でやればいいじゃないですか、と。

 

◇わいてくる疑問がたくさん

①  「インフラ整備は広域」という都構想と、根本から矛盾しないか?

② 一体の地下鉄。株を特別区に配分したからといって、ある区が勝手に売却できるのか?

③ 誰が地下鉄延伸部を建設し、誰が運営するのか?(延伸部だけ、特別区が運営する、なんてことが出来るのか?)

④ 維新の会は、「地下鉄も二重行政」と言ったが(これはこれで意味不明)、特別区が地下鉄をつくることは、何重行政なの?

コミュニティバスならともかく、地下鉄を、特別区でつくれ、なんて「放言」「妄言」です。

安全・安心を第一義とする公営地下鉄を「錬金術」などというのは、およそ、地方自治体の長の姿勢ではありません。

しかも、民営化の意義も、その場その場でコロコロ変わる。

都構想も、橋下市長の改革も、破たんの一途ということではないでしょうか。

 

「あんたも頑張れ」と言われたような    お医者さんのアピール

赤旗 今日4日付けの「しんぶん赤旗」近畿のページを開いて、すごく嬉しくなりました。

 昨日、大阪のお医者さんたちが特定秘密保護法に反対する緊急アピールを発表された、という記事。672人の医師・歯科医師が賛同とのことです。記事中、記者会見で意見を表明なさったと紹介・引用されている両先生とも、地元城東区で日頃たいへんお世話になっています。

 歯科医のT先生は、かなりのご高齢とご病身で、先の参議院選挙の時も、たくさんのお知り合いに電話をかけて下さりながら「勝って死にたい」と言われたことが忘れられません。「こんな体でも頑張っているんだから、あんたも頑張れ」という声が聞こえてきそうで、大変勇気付けられました。

 議会対策に追われて、なかなか思うに任せませんが、廃案にするために、私も頑張ろう。

 今日の本会議は維新の会・公明党・自民党の一般質問でした。今日も、何回「知事時代」と口にしたことでしょう。市長になってもう2年。いつまでも知事、知事と言っていないで、大阪市を愛する市長になってほしいものですが、大阪市をつぶすために市長になった人だから仕方ないのでしょうか。でも、普通の社会人なら、以前の職場のことをいつまでも言わないと思うのですが。

 明日も本会議です。14時半から、日本共産党の一般質問です。

 

 

意味不明の無駄な作業ではありませんか?  システム経費再試算

再試算 明日(4日)から、2日間一般質問です。明日は、維新の会・公明党・自民党。明後日がOOSAKAみらいと日本共産党。日本共産党は14時半から井上政調会長が質問に立ちます。そんなこんなで、団会議もあり、今日も市役所ぐらしです。

 飛び込んできた報告。特別参与2人と大都市局が記者会見をして、「特別区設置に伴う情報システム関係経費の再試算」なるものを発表したとのこと。

 都構想のパッケージ案では、イニシャルコスト(立ち上げ経費)のなかで、現在24区1本で運用している情報システムを特別区ごとに構築する費用の大きさが目立っています。

 記者会見で配った資料では、

イニシャルコスト→最大290億円  ランニングコスト→最大30億円

パッケージ案より減る ということですが、「現在作業中」「未確定値」とも書いてあって意味が分かりません。

 6日に法定協議会を控えて、なぜ、今日、このことだけ記者会見するのか意味が分かりません。

 市長はこの頃、さかんに「都構想はコストがどうのという小さい話じゃない」と言っているのに、コストを減らして見せて得意顔する意味が分かりません。

 また無駄な作業・・・ ため息がもれます。KIMG0757300円

 

 お昼ご飯は市役所8階の食堂のハーフランチ300円也。おいしいかどうかはともかく、安さが有難くてお世話になっています。