新着情報

2015年を大阪市廃止決定の年にしてはならない

 会議に出席した帰り、今夜の夕食は何にしようか、とスーパーへ。

 入口の端っこの方から「知らん顏して行ったらあかんやろ」とお叱りの声。ご近所のおかあさま方が立ち話中でした。

 「まっすぐ前しか見てないもの。こんなところに関所があるなんて」と言いながら新年のご挨拶。「がんばりや」と言っていただきお別れしました。

 こんな時間をとれるのも今日まで。明日からは、また・・・

 4月の地方選挙、それに続くだろう都構想の住民投票。怒涛の日々が始まります。

 都構想で生み出される財源などほとんどないうえに

 大阪市を分割するようなことになれば、そのための費用は500億円を越し、慢性的な財源不足で住民サービスは低下し、特別区間に格差がうまれ、巨大な一部事務組合のもとで住民の声は置き去りになり、街づくりなどについては一般市以下の決定権しかなくなる・・・あげくの果てには、カジノ、関空リニア、高速道路で、いつか来た道の巨大開発のムダづかい

 絶対にやらせてはならない、と議論してきた3年余りです。

 いよいよ住民投票が避けられないなか、どうしたら、わかりやすく「百害あって一利なし」の姿を伝えることができるのか、一人でも多くの人が広げ手になってくれるのか――そういうことが頭から離れません。

 毎日の頑張りを積み重ねていくしかないことはわかっていますが、さまざまな宣伝物やネット活用など、推進派に負けない発信力も必要です。

 2015年を、大阪市廃止が決まった年にするわけにはいきません。大阪市民が取り返しのつかない不幸に見舞われることのないように、体制も整え、いよいよ、死力をつくした頑張りを!

やまない雨はない   今年の1冊目読了 

  今日も、岡本こうし府政対策委員長と一緒に宣伝カーでご挨拶回り。今日は、南地域です。

 吹きつける風に抗い宣伝カーから顏を出すと、ベランダの上の方から手を振って下さる方。車が来るのも待っていて下さる方。たくさんの声かけ。

 驚くほどの激励をいただきました。

 病気がちのお体で、2日間運転して下った佐藤倫理後援会長に、心から感謝です。ほんとうにありがとうございました。

望の夜 余りの寒さに今夜もお鍋。準備の前の読書タイムで、今年の1冊目を読み終えました、といっても去年からの継続ですが。

 今井絵美子さんの『望の夜 髪ゆい猫字屋繁盛記④』です。「たとえどんなに泣き暮れても、やまない雨はない」。帯のこういう言葉に魅かれてしまいます。

 去年はあれやこれやで107冊読みました。電車のなかで、眠れぬ夜に。本は息抜きとともに、理屈抜きの勇気をくれる大切な人生の友です。今年も、多くの本と出会えますように。

今年もよろしくお願いいたします

 新年あけましておめでとうございます。

初詣 ほんとうにいろいろなことのあった昨年、多くの方に支えていただいたことに心からお礼を申し上げます。

 みんな頑張っているのに、暮らしが楽にならない

 平和さえ脅かされる

 世の中がひどくなるばかりでは救われません。

 少しでも良い方向へ向かうよう願い、そのために頑張ることをお誓いしつつ、除夜の鐘とともに皇大神宮に立たせていただき、初詣でにお越しの皆さんに新年のご挨拶をさせていただきました。

 「大阪の子どもたちのためにがんばって」「都構想反対で頑張ろう」など声をかけて下さる方も多く、寒さも忘れる時間でした。

 

 一休みして、岡本こうし府政対策委員長と一緒に、佐藤倫理後援会長に運転をしていただいて、車からのご挨拶に回らせていただきました。

 娘が保育園の時の同級生のご両親が声をかけて下さいました。かれこれ15年ぶりでしょうか。懐かしい出会いでした。

 

 ぽち袋表今年のぽち袋はこれです。ムーミンが気に入っている娘のために迷わず購入。ムーミンの背中に袋がついています。小さい小さい袋なので、あまり入らないのが、私にとっては良いところ、娘にとっては大欠点でしょうか。

 

 今年はいよいよ地方選挙。都構想をめぐる慌ただしい動きもあり、厳しい激しい闘いになりますが、何としても頑張りぬかねばと思っています。

 今年も、どうかよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

魔の法定協議会➝忘年会➝夜警

 11か月ぶりに、維新の会onlyではない法定協議会が開かれました。

 私たちが求めていたのは正常な協議会です。

 今日のは異常な協議会。

 維新の会の地方選挙対策のためにスケジュールを決め、多数をとるための画策をしたうえで、10月に否決された協定書と全く同じ協定書を提案し、いきなり橋下市長が、次回1月13日の協議会で議決、2月の府・市議会で可決成立、とのたまい、それを採択するという強引さ。

 議論する気ゼロ、形骸化、民主主義の殺戮。

 余程、議論に耐えられないものだと、自覚しているのでしょう。こんなものを住民投票にかける、などという危険な賭けは、何としても阻止したいと思ってきたのですが・・・。

 新たな展開のなかで、この賭けが避けられないなら、わかりやすくて説得力のあるキャンペーンに挑戦するしかない、と思い定めています。

 魔の法定協議会の後、いつも支えていただいている記者さんたちと、何となくの忘年会。記者さん忘年会

 その勢いで地元の夜警にもお邪魔させていただき、楽しい時間を過ごさせていただきました。

語り広げよう!「手法も中身もデタラメな都構想」

 都構想をめぐって、ここ数日の急な展開。

 明日12月30日、11か月ぶりに法定協議会が開かれることになりました。

 今回は、これまでとちがって違法でも脱法でもありません。

 でも後ろ暗すぎる。違法でさえなければ何をやってもよいのか、と言いたいのです。

 議会が協定書を否決した以上、とるべき道は、都構想の断念、または、新たな案で一から議論、しかないはずです。それなのに、

 聞こえてくるのは、国政レベルの圧力、住民投票の日程まで決めたという密室協議、否決された協定書をよみがえらせる厚顔ぶり、市民そっちのけの権力争い。

 どんなに説明を受けても、納得はできません。こんなやり方で、市民をがけっぷちに追い込むなんて・・・

 決着は、住民投票ということは、ほぼ確定的なようです。

 「信じられない」「許せない」という怒りをエネルギーに変えて、語り広げねば。

   「手法も中身もデタラメな都構想」

   「市民にとって百害あって一利なし」

残りは今週いっぱい!

 8日は森之宮駅の早朝宣伝からスタート。

 区内では南端の森之宮に、文字通り城東区の東西南北から老若男女が集結。北端の関目からタクシーで乗り合わせて駆け付けた美女3人組みも。この選挙への思いの強さを感じました。

 候補者カーを降りて事務所に戻ると、存じ上げないお名前の方からの封書が届いていました。「良い結果を心からお祈りします。京都に行って座禅もしました」とのていねいなお手紙と一緒に、京都のお寺のお守りと匂い袋が入っていました。

 宛名は「田中智子さま」となっています。これまでご縁のなかった方が、ここまで日本共産党の躍進を願って下さっている! 勇気と元気をいただくとともに、ご期待に応えられる頑張りをしなければ、との思いを強くしました。

 とはいえ、寒さに弱いので、今日も貼るカイロ12枚。屋内の集会に行くと暑い、暑い。今日は新婦人の気のおけない仲間の集まり。上着を脱がせていただきました。

 帰宅して、カイロの多さにあきれる娘をしり目に、黙々と、はがしたカイロをシーツの下に並べます。朝まで、ポッカポカ。
そんなこんなで、残りは今週いっぱい。アベノミクスはもちろんですが、イシンノミクスに打ち勝ちたい。渾身の頑張りを!