新着情報

「なくすな大阪市」の声を街じゅうに!  すてきなシンボルマーク

 

野江駅2月 17日、心配した雨も夜中で上がり京阪野江駅で朝のご挨拶をさせていただきました。集団登校の小学生が「おはようございます!」と大きな声をかけてくれ、心がなごみました。

 終わってから「お騒がせしました」とあるお店にうかがうと「わしは都構想はどっちもどっちや。あんたらが反対するのは議員の数が減るからや(←減りません!)。だいたい自民党と共産党が一緒にやるのがおかしい」とのこと。力のいる闘い。だからこそやり甲斐のある闘いです。

logo とにかく「これはえらいこっちゃ!」という人をどんどん増やしていくしかありません。

 政党、団体、主義・主張を問わず、「市民を不幸にする大阪市廃止はNО!」の声を上げるシンボルマークが欲しいと思っていたら、こんな提案をしてくれた方々がいます。迷っている人も「やっぱり“反対”と書きに行かなきゃ」と思ってくれる勢いをつくるため、ビラやポスター、のぼり、Tシャツ・・・このマークが街じゅうにあふれる日が早くくるようにお力をお貸し下さい。

公式ロゴもダウンロードできるサイトはコチラから↓

 http://saveosaka.com/

街頭宣伝中の電話にドキッ

 午前中は、女性後援会の皆さんと宣伝カー。

 スポットをする度に、運転手のSさんが通りかかる方に話しかけては「大阪市廃止・分割」について説得している模様。「関心なかったけど、とにかく反対って書きにいくわ」と言って下さった方も。握手をさせていただき「選挙もよろしくお願いします」。あらゆる形で一人でも多くの方と対話をしなくては。

 最後のスポット場所で訴えていると、携帯に娘から立て続けの電話。こんなことは初めて。80歳になる母に何かあったのかと心配で、演説をむちゃくちゃ端折って切り上げコールバック。

 「トイレがつまって業者の人に見てもらったら、トイレごと変えんといかんと言われた」。誰かが倒れたとかじゃなくて良かった、とホッ。80歳になるおばあちゃんと2人での対応は心細そうでしたが、新婦人の「大阪市廃止・解体」の学習会を控え、帰るわけにもいかず全権委任。何回か、困惑のメールを寄こしつつほぼ1人で対応をしてくれました。お疲れ様でしたね。というわけで、ボロボロのわが家の、トイレだけがピカピカになりました。

 新婦人の2つの班合同の学習会で「大阪市廃止・解体」について報告。「補聴器をつけたのでみんなの声が聞こえるようになって嬉しい」と切り出されたYさん。「会話が出来るようになったから、毎日公園に行ってこの話をします」と言って下さいました。

 知って知らせて、知って知らせてを積み重ねていく。地味でも、遠回りでも、これしかない。大きな広がりになるよう知恵と力を。 

「動物園はその都市の文化のものさし」   

鴫野 13日の朝宣は鴫野駅。

 眼科に行く時間がとれず、目薬を切らしているせいか(目薬を注しても、朝宣の時はひどいのですが)、いつも以上の涙。これ、ホントに何とかならないか、大きな悩みです。片手にマイク、片手にハンカチで、常に涙を(時に鼻水も)拭きつづける1時間。ホントに何とかしたいものです。

 市役所に行く途中、そうそう明日はバレンタインデーだと思いだし、とりわけお世話になっているあの人、この人に、気持ちばかりのチョコを仕入れてみました(フライングバレンタインデーというそうです)。有権者ではありませんし、ゴディバでもありません、念のため。

 本会議をはじめいくつもの会議、合間の予算のヒアリングとともに、市政報告の原稿づくりを何としても夕方までに、が、今日のミッション。雑居の控え室で集中を勝ち取るために、ウォークマンを大音量にしてすべての会話を遮断。話しかけられても気づかずに、数人の方にご迷惑をかけました。が、その甲斐あってミッション達成! やる気になればやれる子です。

 夜は中央公会堂で、日本共産党の演説会が開かれました。中之島

 スピーチに立ってくださった市立天王寺動物園の中川元園長が、「動物園はその都市の文化のものさし」と、何でもかんでも、合理化、効率化、民営化、収益化という橋下市政に警鐘を鳴らされました。大阪市を愛し、大阪市と動物園の発展に尽くしてこられた方の、橋下市政や「大阪市廃止・分割」への、言いようのない憤りが伝わり、もっともっとお聞きしたかったです。

 厳しい選挙ですが、5月の「大阪市廃止・分割」の住民投票を前にした時期。そして、安倍首相が憲法もくらしも壊そうとしている時期。日本共産党の城東区の議席を失うわけには絶対にいかない。何としても勝利を、という思いで参加し、紹介にこたえ、会場の皆さんに大きく手をふりました。

しゃべり、学び・・・瞬く間に時は過ぎていきました

関西共同1 12日、朝一番は、株式会社 関西共同印刷所へ。

 作成中の「大阪市廃止・解体構想」についてのDVDの解説をせよ、とのご注文。つどいや街頭演説ではしゃべりますが、カメラの前で、人の作った流れに合わせて、しかも自分で画面を切り替えながら・・・。そんなことは、やったことがありません。ご依頼主は気楽におっしゃいますが、果たして、そんなこと出来るだろうか、と不安に押しつぶされそうでした。

 「100回までなら撮り直しできます」の言葉と、「画面にとらわれずに、やりましょう」という方針変更とで、リラックスさせていただいて、何とか任務は終了しまし関西共同2たが、企画者の意図とはだいぶ離れたものになってしまったかもしれません。

 無事に終わってほっとしたので、撮影責任者としてお世話になった増永さんと、中途半端なガッツポーズ。

 せっかくの機会だからと、「しんぶん赤旗」の印刷工場を見せていただいて、大急ぎで市役所へ。

 

 議会対策の会議、その間の予算ヒアリング・・・瞬く間に時間が過ぎていきます。気づくと、次々受け取った書類の山。

 整理も、咀嚼もする間もなく、午後5時からは法定協議会。

 総務大臣からの「協定書」への意見の報告の後、住民投票で可決された後の「工程表」を説明したいとの申し出がありました。

 事前の資料提供もない強引な進め方です。可決もされていないのに、わざわざこのタイミングで出してきて「こんなに着々と進んでいる」と見せかけようと言う世論操作? 実現不可能な「工程表」を、報告の必要のない法定協議会にわざわざ出して、法定協議会でも是認されたといいたいがための作戦? そんな政治的な意図がみえみえです。維新の会以外は「法定協議会ではなく、府・市議会に説明し、両議会で審議すべきだ」と、「工程表」の報告はお断りしました。

 その後、法定協議会の代表者会議で「協議会だより」について、“大阪市廃止・解体ありき”の表現の訂正を求めるなど、一悶着。

 市長の指示で動かざるを得ない大都市局のもと、これから、「都構想はバラ色」的な、広報や動きが強まると思います。抗議するべきは抗議が必要。そんなことを学びました。

四苦八苦の合間に、訪問・つどい

 ある人たちから、とんでもない仕事を押し付けられて(?)四苦八苦しています。ご依頼主は、とっても気楽におっしゃるのですが、私には大仕事。明日、とあるストーリーを語る撮影に出向かなければならず、その、原稿づくりでのたうちまわっています。

 その合間をぬって、午前中は放出(はなてん)地域をテクテク。Eさん、Nさんの案内で後援会ニュース会員さんなどを訪問していると、2月22日の演説会をお知らせする私の声。ほかの仲間たちが、ハンドマイクで歩いてくれていました。皆さん、ありがとうございます。お疲れ様です。

成育つどい 午後は、成育地域でつどい。「大阪市廃止・分割構想」について30分余りお話しした後、質疑応答。府全体が再編されて“都”になる、と思っておられた方も「なるほど、『大阪市廃止・分割』やな」と納得してくださいました。

 「浮くお金はほとんどない。ムダな二重行政などなかった」と申し上げた後でも、「“二重行政”で廃止される物はなんですか?」という質問が出て、“二重行政のムダ”という虚構がかなり浸透していることを痛感。二重行政問題と、成育つどい2市政改革プランでの市民いじめがゴチャマゼになっているのでしょうか。ともに橋下市長がすすめていることですが、きちんと整理しないと「“二重行政のムダ”などなかった」という私たちの主張と、チグハグになってしまうなあ、と思いました。

 わからないから投票に行かない、という人を残さないよう、「知って知らせて組織する」を積み重ねていかなければ、大急ぎで。

大人げないですが

 議会対策で身動きがとれなくなってきました。

 登庁する前の1時間でも、事務所近くの地域をテクテクしたいと、急なお願い。

 こたえていただいてご一緒下さった、U田さんご夫婦、ありがとうございました。

 そして、訪問する先々で、「頑張って!」「都構想なんてムチャクチャや」と言っていただきました。この方たちをはじめ、たくさんの仲間と一緒に、地方選挙も住民投票も、必ず勝ち抜かなければ。

 

花ノンノン労作 登庁して、いろいろなことに振り回されて、何が何だかわからない状態をこなして・・・・

 疲れ果てて乗ったタクシーの運転手さんが維新信者ときました。聞いてもないのに「都構想は良い。二重行政がなくなるんだから」――二重行政なくして浮くお金なんてないよ。逆にお金が一杯かかるんだよ――「いくらかかっても橋下さんがいってるんだからいい。それをいろいろ言うのは共産党みたいや」

 ええ、私は共産党ですよ。もう、そこで降ろして! あなたみたいな人と同じ空気を吸ってるのもイヤだから!

 と、途中で降りて歩いて帰る道すがら、花は優しく咲いていました。大人げないよ、と言われた気がしました。

 でも、自分の頭で考えず、“橋下さんだから正しい”というのは、どうかと思いますね~